Posts Tagged ‘openMSX’

openMSX 0.12.0 リリース

9月 18th, 2015

OPENMSX0120

 MSXエミュレータ openMSX 0.12.0 がリリースされました。公式サイトのURLが openmsx.org に、ソースコード用のファイルサーバーが sourceforge.net から github.com に引っ越したようです。 更新内容は以下の通りです。

 
これは以前のリリースに組み込まれた変更点の概要です。

openMSX 0.12.0(2015年9月12日)
—————————

これは(主に)バグ修正リリースになる予定でした。しかし最終的に我々はGrauw氏によって多くのMIDIデバイスを追加する気にさせられました。そして、我々はこの10ヵ月何を変更したかを見直しました、我々はまた何人かの助けによって多くの新しいマシン構成、そしてセンサーキッドや(実験的な)Beer IDEエミュレーションのような幾つかの楽しいものを追加することが出来ました。エミュレーター特徴カテゴリーには、トリプルサイズのビデオ録画、幾つかのTAS強化と速すぎるVRAMアクセスに対してコールバックのようなものをあなたに提供します。
では、この「さまざまな特徴とバグ修正」リリースをお楽しみください!

以下は、全てのハイライトと詳細のリストです:

MSXデバイスのサポート:
- turboR上での(S)RAMの書き込みを修正
- スクリーン11/12における境界線の色を修正
- SDカードエミュレーションのいくつかの詳細を修正(FUZIX氏が発見)
- sprite-mode-1の描画でクリッピングバグを修正
- AVT DPF-550 エクステンションをopenMSXで使用するとクラッシュする問題を修正。
- 8kB RS-232C ROMs のサポートを修正(唯一の正しいサイズです!)
- マウスのジョイスティックモードのエミュレーションを修正。
- 壊れた MegaFlashROM SCC+ を修正(openMSX 0.11.0で導入された)
- トラックボールの動作エミュレーションを改善、それはJoyTestで実際のハードウェア上のように検出できるようにします。
- タッチパッドのジョイスティックピンを修正(JoyTestでの検出を修正)
- PSGに対するSFG-01/05のボリュームを微調整。
- Panasonic FS-A1WSX / WX の変異体に MSX-MUSICマッパーを追加。
- 適切なYM2148エミュレーションを追加(Yamaha SFGモジュール用の MIDI in/out)
- 適切なMC6850エミ​​ュレーションを追加(Philips Musicモジュール用の MIDI in/out)
- FAC MIDIインターフェースのエミュレーションを追加
- 武田氏の共通ソースコードプロジェクトに基づく yayaMSX2SKから移植されたセンサーキッドのエミュレーションを追加。
- BeerIDE エミュレーションを追加(実験的)
- 多くの新しいマシンを追加:Canon V-25 (Rudi Westerhofに感謝), Canon V-8,
Fenner/Samsung SPC-800, Hitachi MB-H1, Toshiba HX-10D (Ricardo Jurcyk
Pinheiroに感謝), Canon V-10, Canon V-20 (JP), Spectravideo SVI-728 (ES),
Mitsubishi ML-TS2 (部分的でまだ未完成), Sony HB-101 (JP), Sony HB-201 (JP),
Sanyo MPC-6, Mitsubishi ML-F120, ML-F110, Hitachi MB-H3 (Werner Kaiに感謝),
Yamaha AX350IIF (Rudolf Gutlichに感謝)

新規または改良されたエミュレータの機能:
- 「too_fast_vram_access_callback」を追加:実行中のMSXソフトがVRAMに非常に速くアクセスするとき(例えば デバッグにブレーク)、あなたは現在 Tclスクリプトを実行することができます。
- TASモードで「ムービーの長さ」表示を追加。もしあなたが tasvideos.org にアップロードする場合、これはあなたの「ムービー」の長さです。
- ビデオレコーダーに-triplesizeを追加:YouTubeに60fpsでビデオレンダリングするために、960×720ピクセルでビデオファイルを作成できます。
- キーボードマッピングの一部を修正。
- エミュレーション速度が非常に低いときに遅くなるコンソールを修正。
- 保存する時にOMRへ「終わり近く」のスナップショットを追加、それをロードした後にリプレイのより速い継続を可能にします。
- 同様に、ターゲット時間まで早送りする時にスナップショットを追加、それはより速くジャンプバックするために使用することができます。
- viewonlyモードでリプレイ再生すると、緑色の中にリバースバーが表示されます。
- より簡単にopenMSXの外でOMRを編集(OMRからテキスト、またはその逆)することができるコンバータを追加。
- リプレイの「auto-save」機能の実装を改善:設定は現在 openMSXセッション上に保持されます。
- メタルギア用のOSDオーバーレイを追加しました。

ビルドシステム、パッケージング、ドキュメント:
- Windows上で mingw32 ビルドサポートを MinGW-w64 ビルドサポートに入れ替え。
- 当社のウェブサイトおよびその他のURLを http://openmsx.org/ または GitHub を指すように更新しました。
 
 
Link 【openMSX » Home

openMSX 0.11.0 リリース

11月 11th, 2014

openmsx0110

MSXエミュレータ openMSX 0.11.0 がリリースされました。更新内容は以下の通りです。

 このリリースは、あなたに次の重要な新機能をもたらします:現在MSX1モードにもVDPアクセスタイミング(現在あまりに速いVRAMアクセスによる破損が見られます)、MegaFlashROM SCC+ SD のエミュレーションと全てに使用されるVDPチップとの最も詳細な相違点の実装。その上に、MSX-AUDIO用エンベロプの適切な実装、例えば Impact による「Copy is Crime」のような幾つかの重要な(長年の)バグ修正があります。そして最後におろそかにできないのは、多くの仕事はボンネットの下で行われ、あなたに将来のより良いパフォーマンスと準備を与えました。

ここに全てのハイライトのリストがあります:

MSXデバイスのサポート:
- VDP:

 - 文字とテキストモードのためにアクセスタイミングを実装しました(MSX1 VDP と V99x8 の両方):あまりにも速いVDPアクセスは、現在openMSX上でも破損を引き起こすでしょう。
 - 特定のMSX1用のVDPのサポートを追加しました(ほとんど全ての研究は偶然のおかげ):
  - 正確なVDPタイプは現在、設定ファイルで指定することができます。
  - Toshiba T6950/T7937A、TMS99xx、TMS91xx MSX1のVDP などの違いは、現在エミュレートされます。(スプライトクローニングを除く)
  - 適切な MSX1 VDPタイプを持つ多くのマシンコンフィグを更新。(既知なら、追加/訂正は歓迎です!)
 - V99x8がサポートしていない文書化されていないミックスモードを実装。
 - 5/9thスプライト検出ステータスレジスタ内のバグを修正。
 - 我々はそれが存在する確実であるそのうちのマシンにミラーリングの I/Oポートを追加しました。
- MSX-AUDIO(Y8950)関連:
 - MSX-AUDIO(Y8950)のエンベロープを修正、悪名高いレガートエンベロープバグがついに修正されました!
 - パーカッシブトーンでキーオフの取り扱いを修正。
 - 「Tetris II Special Edition」で Philipsミュージックモジュールの検出を修正。
- MegaFlashROM SCC+ SD のエミュレーションを追加。注意:実施は既存のソフトウェアのように動作できる、しかしこのカートリッジで開発するときは完全にはそれに頼らないでください!
- Sony HBI-55 のエミュレーションを改善しました。
- いくつかのマシンコンフィグでいくつかの詳細を修正。
- 文字入力モードで動作していないKANA/CODEキーを修正。
- 次のマシンを追加しました:Daewoo CPC-51 Zemmix V、Daewoo CPC-300E、Toshiba HX-51I、Yamaha YIS-503IIR、Toshiba FS-TM1、Sanyo MPC-10 (Wavy 10)、Yamaha CX5MII、Fujitsu FM-X(NYYRIKKI氏、Werner Kai氏、Maxim Vlasov氏、Alex Krasivsky氏に感謝)
- Casio KB-7 および KB-10 ドッキングステーションを追加しました。(注:これらの拡張機能はそれぞれ Casio PV-7 と MX-10 のみで動作します。それらはCatapultによって動作していないように見えるときは心配しなくていい!)
- FRS氏によって寄与された MSX Acid テストマシンを追加。
- Gradiente CT-80E 80コラムカードエクステンションを追加。(Maurício Braga氏に感謝)

新規または改良されたエミュレータの機能:
- デフリッカービデオフィルタを経由した新しい「deflicker」設定を追加。異なるネイディブカラーを交流させるMSX1上で105カラーをシミュレーションされるdvikデモの様なケースでちらつきを取り除くために、これを使用してください。これはデフォルトでは無効になっています。
- パフォーマンスの向上:
 - Tclスクリプトの実行をスピードアップ。
 - 多くの他の様々な最適化。
- auto_enable_reverse を修正(起動時にリバースの設定を自動で有効にする)
- OpenGL ESとより互換性があるように、ほとんどのOpenGL2コードを書き直し。
- 64kB ROMのマッパータイプの推測を改善。
- 実行フローに影響を及ぼす watch_points のバグを修正。
- XSAディスクイメージの破損を修正。
- NYYRIKKI’s の高速のCASロード/セーブのスクリプトを追加、fast_cas_load_hack_enabled 設定をONにしてください。
onに設定する「fast_cas_load_hack_enabled’を設定して有効にする、NYYRIKKIの高速のCASロード/セーブのスクリプトを追加しました。
- ジョイスティック/コントローラ:
 - ジョイスティックのデッドゾーン・コンフィグの設定を追加。
 - ハット式ジョイスティックのサポートを追加。(ちょうどボタンのように使用することができます)
 - OSDメニューでのサポートを改善。(デッドゾーンを考慮に入れてください)
- dir-as-disk をサポートする為のOSDメニューを追加。
- 実験的なlibaoサウンドドライバを削除。
- 韓国語キーボード上のR-ALTのサポートを追加。(Miso Kim氏に感謝)
- TAS:現在のリプレイの長さを照会する可能性を追加。(最終入力のタイムスタンプとして定義される)

ビルドシステム、パッケージング、ドキュメンテーション:
- gcc4.7以上を使用する場合は、より多くのC++11機能を使用します。
- libxml2へのビルド依存性を削除。
- ビルドシステムから多くの(または全て)の使われていない features/libs を削除。
- 32ビットWindows、Linuxを使用する人のためにMinGW-w64によるクロスコンパイルのサポートを追加。
- docディレクトリ内の資料をクリーンアップ – あなたは我々が本当に得て欲しかったものを手に入れる。:)
- デフォルトで資料を除外する代わりに、デフォルトで資料を含めるパッケージ方法に変更。
- mipsel上でのネイティブコンパイル動作を修正。
- C-BIOSをリリース0.27にアップグレード。

 
Link 【openMSX » Home

openMSX 0.10.1 リリース

5月 5th, 2014

openmsx0101

 MSXエミュレータ openMSX 0.10.1 がリリースされました。今回はアップデートが早かったですね、何か致命的なバグでもあったんでしょうか? Mac用にいろいろ改良された部分も多くあるようです、更新内容は以下の通りです。
 

 このリリースでは我々がv0.10.0で導入された、または既に長い間存在していた大部分のバグを修正します… それらについてはすみません、しかしほとんどは現在修正されたはずです。
 Mac上で非常に拡張された MIDIサポート(Grauwに感謝!)、OSDメニュー内でのハードディスクイメージのサポート、Extentionが終了する際のきめ細かなコントロール等のような幾つかの小さいながらも素敵な追加もあります。openMSXと一緒にカタパルト(私たちの使いやすいGUI)の更新されたバージョンもリリースされました。繰り返しますが、私たちは実際に今回いくつかの改善をもたらしました、主に相当なバグフィックス(主にセッティングタブ)を可能にする多くのコードクリーンアップ、それだけではなく実行中にカートリッジを変更してハードディスクをサポートする機能などもあります。openMSXの変更の詳細についてはリリースノートをお読みください。

 
openMSX 0.10.1 リリースノート(2014年5月1日)
=============================================

ここに全てのハイライトのリストがあります:

MSXデバイスのサポート:
・YM2413(FMPAC)のバグを修正、それはBPSテトリスで聞こえていた。
・SHARP/Epcom HB-4000 80カラムカートリッジの拡張機能を追加。

新規または改良されたエミュレータの特長:
・VDP(24) を許容するために save_msx_screen スクリプトを拡張。
・Visual StudioビルドでWAVファイル(例えばcassetteplayer)を使用するとクラッシュする問題を修正。
・32ビットVisual Studioビルドで、-doublesizeオプションを指定せずに動画を記録するときクラッシュする問題を修正。
・32ビットVisual Studioビルドで、scale_factor3とSDLレンダラを使用するときクラッシュする問題を修正。
・SCCビューアのOSDウィジェットで逆さまに表示される音波を修正。
・JoyTapが差し込まれたセーブステートをロードするときクラッシュする問題を修正

・パフォーマンスの向上:
 ・いくつかの改良によって起動時間を短縮。
 ・ハードディスクを使用する際のリバース機能のパフォーマンスを修正。
・破損したハードウェア構成XMLファイルの取り扱いを修正。
・TC8566AF FDC(例えばturboR)がクラッシュした時のMSXのクラッシュを修正。
・ハードディスクによるリバース時に起こりうるハングアップを修正。
・OSDメニューの水平ストレッチを変更する際のTclエラーを修正。
・OSD上でのエラーメッセージの表示を修正。

・Mac OS Xで MIDIサポート:
 ・Mac OS X上のMIDI出力を修正(一部のアプリケーションのために働いていなかった)
 ・ランニングステータスのサポートを追加。
 ・システムリアルタイムメッセージのサポートを追加。
 ・MIDI in のサポートを追加。
・Android 4.4上でのオンスクリーンキーボードの問題を修正。
・ゲームを対象としたコントローラー用にデフォルトキーバインディングを追加。
・OSDでキーボードのCtrlまたはShiftキーを押して B-control ボタンのマッピングを追加。
・各スロットカートとExtentionが終了する際の、きめ細かな制御を追加。
・dir-as-disk に片面ディスクドライブのサポートを追加。
・OSDメニューにハードディスクイメージのサポートを追加。
・本物の「Konami」と「Konami SCC」マッパーでサポートさるよりも大きなサイズのROMイメージが使用されている場合に警告を追加。

ビルドシステム、パッケージング、ドキュメンテーション:
・Windowsビルドを Visual Studio2013 に更新。
・250以上の不必要なインクルードを削除することでコンパイルを高速化。
・C ++11の機能をさらに利用。
・Tclを8.5.15にアップグレード。
・64ビットARM用のビルドサポートを追加。
・Mac OS Xのアイコンに256×256ピクセルのopenMSXロゴ画像と使用例を追加。
・最近のclangリリースとMac OS10.9 SDKによるstaticbindistビルドを修正。
・Mac OS X上で、もう「/usr/lib」のライブラリに対してリンクしません(フレームワークに対するリンクのみ)。これはデフォルトのSDKに対してコンパイルすることを可能にします。

そしてもちろん、いつもの様々なバグ修正。
 
 
Link【openMSX » Home

openMSX 0.10.0 リリース

1月 6th, 2014

openmsx0100

 MSXエミュレータ openMSX 0.10.0 がリリースされました。1年2ヶ月ぶりの更新ですね、MacOSX用に新しく CocoaMSX が登場したことで openMSX の影が薄くなってしまったような気がしますが、今回のリリースではそれを感じさせない大量のアップデートとなっております。これからもMSXエミュレータの開発をリードしていって欲しいですね、更新内容は以下の通りです。
 なおMac版のサポートは、MacOSX 10.7以上(64bitのみ)となりました、PPCや32bitマシンのMacはソースをコンパイルすれば利用できます。
 

openMSX 0.10.0 (2014-01-05)

 このリリースでは大小多くの機能が追加されますが、特に目立つものは:サイクル精度のVDPコマンドエンジンタイミング、Android ポート、dir-as-disk のサブディレクトリサポート、Neos MA-20 サポートです。これらの特徴はコードのほぼ全ての部分で多くの仕事が行われたことを意味します(下記の完全なリストで成果を読み取ることができる)、しかし同時に我々も新しいC++11言語特徴の多くを使用してコードの多くをすっきりさせました。全般的に見て公式にこれらのものをリリースする時間でした…

ここに全てのハイライトのリストがあります:

MSXデバイスのサポート:
・精度の向上:

 - TMS99X8/TMS9929カラーパレットを改善
 - V9990/GFX9000 を改善:
  - VRAMは1バイトのバッファを経由して読み込みに行く
  - VRAMの読み取り/書き込みポインタは R#2 と R#5 が書き込まれたときのみ更新
  - GFX9000のVRAMの初期コンテンツを修正
  - V9990のP1/P2スプライトは、16スプライト制限のためにカウントをまだ無効にしている
  - P1モードにおけるレイヤーBのロール挙動を修正
 - turboR TC8566AFは他のマシンより別のレジスターメモリマッピングがある
 - 正しい漢字フォントROMを使用したビクターHC-95AとS1985を削除
 - サイクル精度 VDPコマンドエンジンタイミングを追加
 (新しい too_fast_vram_access 設定で無効にすることができます)
 - YM2413エミュレーションの修正(FMPAC)
・マッパーサポートの追加:
 - MSXtraカートリッジ(独自のRAMを内蔵するPTCが発表したデバッグツール)
 - 2006年にManuel Pazosによって設計されたマルチROMコレクション
 - 2kB SRAMによる ASCII8 マッパー
 - 8kB SRAMによる ASCII16 マッパー
 - Super Swangi (別名、SUPER獣王記)
- MSXのタッチパッドのサポートを追加
- mu-PACK 拡張機能を追加、 turboR ST から GT へアップグレードするためのMIDIモジュール
- 大容量ハードディスクイメージやレーザーディスクイメージのサポートを追加(>4GB)
- Sony HB- F1XDJ 、Sanyo PHC- 23J用の初期RAMパターンを追加
- Neos MA- 20バージョンアップアダプターのサポートを追加(MSX1からMSX2へのコンバータ)
 このための Neos_MA -20R と Neos_MA -20V 両方の拡張機能を挿入
- sample RAMの無いToshiba MSX-AUDIO を修正
- ジョイスティック、マウス、トラックボールのエミュレーションを修正
- Y8950 (MSX-AUDIO) と YMF262 (MoonSound) の小さな修正
- OPL3Cartridge2_mono と OPL3Cartridge2_stereo 拡張機能を追加
- Yamaha SFG- 01 拡張を追加し、CX5Mマシン内のSFG- 01をSFG- 05に置き換え
- IDEマシン設定を用いた実験的な Boosted_MSXturboR を追加
- Casio PV-16、Casio P-7、Casio MX-10、Goldstar FC-80U、Sony HB-F1XV マシンと
 実験的な Zemmix Super V (Daewoo CPC-61) マシン設定を追加

新規または改良されたエミュレータの特徴:
- dir-as-disk にサブディレクトリのサポートを追加
- MSXジョイスティックマッピングに設定可能なホストを追加、例えば一つのPCジョイスティックボタンにメタルギア2でのクロールコマンド(ボタンA+B)を結合するのに便利。
- bash completion のサポートを追加(bashコマンドラインでopenMSXを使用するのに便利)
- パフォーマンスの向上:
   – 起動時のパフォーマンスを改善(Dingoo上で openMSXが20%以上速くスタート)
   – リバースを有効にしたときのCPUオーバーヘッドを低減
   – CPUエミュレーションをさらに最適化
   – CASのロードを高速化(2760ボーの代わりに3744ボーを使用)
   – 入力の遅延を低減(ホストイベントをより頻繁に入れて遅延を削減)
   – インクリメンタルハッシュを使用したハードディスクとの組み合わせで、リバースをスピードアップ
- リバース/TAS:
- 現在のリプレイを切り捨てるリバースサブコマンドを追加
   – リバースバータイムの小数第二位を表示
   – リバースバーがフェードアウトするのを防ぐために、それをTASモードでの動作とする設定を追加
   – リバースバーにブックマーク機能を追加
   – 外部スクリプトでのTASキーバインディングをカスタマイズする可能性を追加
   – 一定の間隔でリプレイを自動保存する設定を追加
   – ラグカウンタをリセットするコマンドを追加
   – フレームから advance/reverse してフレームの境界に移動するコマンドを追加
   – フレームの中央にもTASウィジェットの値を表示
- OSDメニュー上のいくつかの改良:
- ファイルブラウザ上でいくつかの改良
   – より良いエラー処理
   – 現在のマシンに関連するメディアメニューオプションを表示
    (例:マシンが何も持っていないときはディスクドライブを表示しない)
   – レーザーディスクのサポートを追加
   – 確認する終了メニューを追加
   – スプライト制限の設定を追加
   - 基本的なマウス/タッチサポートを追加、例えば:
  - 現在のメニューを右クリックで閉じます
  - マウスのスクロールホイールでリストをスクロールするサポート
   – それらが実際に意味をなす場合のみビデオオプションを表示
   – 現在のマシンのデフォルト(openMSXを起動時の設定)を作成するオプションを追加
   – リサンプラ設定を追加(パフォーマンスチューニングによる)
   – 詳細なサウンドチップ制御を追加(バランス、ボリューム、チャンネル毎のミュート)
   – Windows上の他のドライブを参照する機能を追加
   – カセットプレーヤーに新しいテープを挿入する機能を追加し、新しく作成したテープを参照することが容易になった。
   – ファイルプールを参照するショートカットを追加(ものが含まれている場合)
   – 既存のセーブステート上書きする前に確認ダイアログを追加
   – セーブステート、ディスク挿入といったアクションを実行する際のフィードバックを追加
- SSE2ルーチンが書き換えを保持したときのみ、SSEとMMXアセンブリルーチンを削除
- LightBoostモニタ用に、黒フレームによるインターリーブのサポートを追加
- VDPのビジー状態を表示するOSDウィジェットを追加
- フルスクリーンでのグラブを有効にした(Macでの問題の回避策)
- Macで Insertキーを押す Cmd + I ホットキーを追加

ビルドシステム、パッケージング、ドキュメンテーション:
- Androidのポートを作成(Google Playを介して利用可能)
- gitに移行
- Windowsビルドを Visual Studio 2012 update 3 に更新
- Visual Studio2013 の準備(次のリリースはそれを使用してビルドされます)
- 現在、openMSXをコンパイルするためには C++11をサポートするコンパイラが必要です、
  g++ 4.6、clang 3.0 または Microsoft Visual Studio 2012 のような
- ビルドシステムにDingooパッケージングを統合
- 64bitシステムのためのより良いサポート(サイズ、メモリなど)
- VDPコマンドエンジンタイミングの詳細についてのドキュメントを追加
- 特定のディレクトリから正しいXMLファイルにマシンコンフィグレーションを変更
- GP2Xポートを削除
- Macのサポートは、現在のMac OS X 10.7 以上に制限されています(64bitのみ)
 
そしてもちろんいつもの様々なバグ修正
 

Link【openMSX >> Home

openMSX 0.9.1 リリース

10月 1st, 2012

 MSXエミュレータ openMSX 0.9.1 がリリースされました。更新内容は以下の通りです。

 
openMSX 0.9.1 リリースノート (2012-09-30)
============================================

このリリースは主に DMKフォーマットと低レベル・ディスクエミュレーションのサポートを追加するとき openMSX 0.9.0 で導入された ”dir-as-disk” のバグを修正します。我々はそのバグを修正するだけではなく、それをより強固にし ”dir-as-disk” をほぼ完全に書き直しました。

ここに全てのハイライトリストがあります:

MSX デバイス サポート:
・精度の改善:
   – レーザーディスクエミュレーション上のいくつかの詳細を改善
   – VDPのLINEコマンドの改良されたタイミング(NYYRIKKI氏のアイデアに感謝)
・Toshiba HX-21、Toshiba HX-22、Toshiba HX-22I を追加。後者の2つは切り替え可能なRS-232Cインターフェースを持っています。(新しい toshiba_rs232c_switch 設定を使用)

新規または改良されたエミュレータの機能:
・高速リサンプラと8192サンプルによるクラッシュを修正
・dir-As-Disk:
   – dir-as-diskは再び正常に動作し、現在より強力です
   – 何かがうまくいかないときのエラー報告を改善
・コンソールサポート/スクリプト:
   – MSXでロード可能なフォーマットのファイルに現在の画面を保存するためのスクリプトを追加、NYYRIKKI氏に感謝。
・パフォーマンスの改善:
   – 改善されたコンソールのレンダリング速度(より少ないCPUを使用)
   – 改善されたTclインテグレーション
   – 低レベル・ディスクエミュレーションをスピードアップ
   – スーパーインポーズモードのレンダリングを最適化(Video9000、レーザーディスク)
   – いくつかのその他のパフォーマンスを改善

ビルドシステム、パッケージング、ドキュメンテーション:
・DragonFly BSDのビルドサポートを追加、John Marino氏に感謝

そしてもちろんいつもの様々なバグ修正
 

Link 【openMSX Home Page

openMSX 0.9.0 リリース

8月 13th, 2012

 MSXエミュレータ openMSX 0.9.0 がリリースされました。更新内容は以下の通りです。
 
openMSX 0.9.0 リリースノート (2012-08-12)
============================================
 このリリースでは特にDMKフォーマットのサポートを導入することにより、フロッピーサポートの精度を大きく改善します。これはパッチ等をせずに、全てのMSXディスクソフトウェアを実行することが可能であることを意味します。
 更に、パフォーマンスを向上させる我々の努力はいくつかの成果があります:Dingoo A320上で起動時間がほぼ半分になりました!

ここに全てのハイライトリストがあります:
MSX デバイス サポート:
・バグ修正:
 - オーバースキャン:NYYRIKKIの ”512×512 デモ”、Matraの “Don’t Cock It Up” は現在動作します。
 - GFX9000のBモードでのカーソル順序。
 - 既存のMSXマシンコンフィグのいくつかの小さな問題。
 - ARM CPU上で壊れていた境界線のレンダリング。
 - Nationalマシン上で2ndドライブを検出。
 - MSX-AUDIO BIOS 1.3 で適切な検出を妨げていたMSX-AUDIOの詳細。
・精度の改善:
 - フロッピードライブコントローラの精度が非常に向上(主にWD2793と同様)
 - CXD1032 チップが実装された実際のマシンのように、ディスクドライブの遅延モーターOFFのサポートを追加
 - ディスクドライブの回転を正確に
 - S1985バックアップRAMの持続性のサポートを追加
 - RAMとVRAMの初期コンテンツを指定するためのサポートを追加。Philips MSX2の為にこれを修正する。Cas Cremers氏は “Akin” のバグに気づかない理由を示しています、画面上の白いピクセルが原因。
・Video9000の初期サポートを追加
 - 新しい Video9000 videosource を与える新しい拡張子。
 - Video9000はノーマルVDPにGFX9000出力を重ねて表示することができます。Video9000が接続されている場合、I/Oポート0x6Fへの書き込みソフトウェアは正しい映像信号が表示されていることを確認します。これは現在エミュレートされます。よって Video 9000と認識されMSXソフトウェアの恩恵を受けるために、gfx9000 拡張子の代わりに video9000 拡張子を使用してください!
 - Video9000 videosource用のビデオ録画を追加。
・Victor HC-9xのFDC接続スタイルのサポートを追加。
・いくつかのフロッピーディスクドライブ・エクステンションのサポートを追加:Sanyo MFD-001、Mitsubishi ML-30DC/ML-30FD、Talent DPF-550、AVT DPF-550、Philips NMS 1200
・スペイン版 Mitsubishi ML-G1、スペイン版 Mitsubishi ML-G3、日本版 Sony HB-10、Talent TPC-310 マシンを追加。

新規または改良されたエミュレータの機能:
・MSX開発者向けの機能:
 - romblocks debuggable は現在より多くのマッパーを持っています。
 - ブレークポイント条件用の新しい命令をいくつか追加:address_in_slot、watch_in_slot
 - あなたは現在 MegaROMのどこにでもブレークポイントとウォッチポイントを持つことができます。
 - 無効なPSG命令とdi に前もってハードコード警告をする;停止命令は現在Tclコールバックですが、これはあなたが例えばそれらが発生したときにopenmsxをブレークポイントに入れる、またはそれらを完全に無効にできることを意味します。
 - save_debuggable は現在もデバッグの一部を保存することができます
・コンソールのサポート/スクリプト:
 - オフセットでパスワード入力するためにファイルと特別なバージョンからタイプできるタイプコマンドを追加。
 - コンソールでのTclに構文強調表示を追加しました。
 - 赤色でコンソールにエラーを表示します。
 - 入れ子状になったTclコマンド用にタブ-コンプレッションを実装しました。
・OSDメニューの改善:
 - マシンのリストとエクステンションは現在、アルファベット順にソートされます。
 - ファイルリストは現在、大文字小文字を区別せずに拡張子に関してフィルタリングされます。
・パフォーマンスの改善:
 - OSD
 - 起動時間
 - いくつかのスクリプト(リバースバー a.o.)
・その他:
 - ファイル名が与えられなかった場合(例えばスクリーンショット)、guess_titleスクリプトは現在もっとよりよく、そしてファイル名を生成するために使用されます。
 - リバースバーはレコーディング(赤)とリプレイステートを反射するために、現在より鮮明なカラーを持っています。
 - 初期値のCMOS / SRAMファイルが見つからないときエラーを出さない。
 - デフォルトではカセットの自動実行が有効になっています。
 - 現在適切にサポートされていないため、2GB以上のハードディスクイメージを使用するときにエラーメッセージが表示されます。
 - 大容量ハードディスクイメージのSHA1サムを計算中に進行状況を表示します。
 - ROM用の追加ファイル(Playballのサンプルのような)は現在、ROMファイルと同じディレクトリに置くことができます。

ビルドシステム、パッケージング、ドキュメンテーション:
 - サードパーティ製のライブラリをアップグレード。
 - MacでのPPCサポートの削除とclang(Mac OS Xのための新しいデフォルト・コンパイラでもある)に対する更なるビルドサポートの追加。
 - DMKをサポートするためのいくつかのユーティリティを追加しました:ダンピングツール、解析ツール、作成ツール、変換ツール。
 - roms/ディレクトリを段階的に廃止する最初のステップ:hardwareconfig.xml ファイルに不要だったSHA1SUMSファイルを削除、そして新しいコンフィグにはもう roms/パスを使用しません;代わりにsystemromsプールを使用してください。

そしてもちろん、いつもの様々なバグ修正。
 ”doc/manual/index.html”において、あなたはopenMSXに関するHTMLのマニュアルセットを見つけることができます。もしあなたが以前のopenMSXを使用していない場合はこれを読んで確認してください、それだけでなく新機能および変更された機能について詳しく知ることができます。
 あなたがエミュレートしているopenMSXセッティングとMSXハードとソフトウェアに応じて、CPUとグラフィックス・パフォーマンスは大いに変化します。単純な設定なら200MHzのマシンでスムーズに動作しますが、複雑な設定の場合 2GHzマシンでも遅いです。パフォーマンス調整のヒントについてはセットアップガイドを参照してください。

 openMSXは次のオペレーティングシステム上で実行できる事が確認されています。Linux、Windows、Mac OS X、FreeBSD、OpenBSD、NetBSD; x86、x86-64、PPC、ARM、MIPS、SPARC CPU。その他のオペレーティングシステム(SDLが実行できる場合)やCPU上でも可能でなければならないが、ビルドシステムに多少の修正を必要とするかもしれません。もしあなたが新しいプラットフォーム上でコンパイルしているなら、あなたの経験を(連絡先は下記参照)を共有してください、我々はopenMSXの移植性をより高めることができます。

 
Link 【openMSX Home Page

openMSX の OSDメニューで日本語を表示する

4月 9th, 2012

 2/27の投稿で openMSX がコンパイルできなかった問題ですが、r12439 で platform-darwin.mk が更新されおかげで Xcode 4.3上でも正常にコンパイルできるようになりました。(Thank you Manuel !) しかしこれだと Xcode 4.2 以下の場合は SDK_PATH: と CXX: のパスを以前のパスに戻さないとコンパイルできなくなりますね… まあ Appleが場所をコロコロ変えるのが悪いんですけど。

 で、ちょっとした小ネタ。openMSX の OSDメニューで日本語を表示するには osd_menu.tcl ファイル(openMSX.app/share/scripts/osd_menu.tcl)の 71行目を日本語フォント「/Library/Fonts/Osaka.ttf など」に変更すると表示できるようになります。TrueTypeフォントのみ対応です、OpenTypeフォントだと表示されませんのでご注意ください。

Xcode 4.3 で openMSX をコンパイル

2月 27th, 2012

 openMSXのSVNが更新される度にダウンロードしてコンパイルしていたんですが、Xcode を4.2(?)にアップデートした頃から何故かコンパイルに失敗するようになってしまいました。
出てきたエラーを見ると、

No working C++ compiler was found.
Please install a C++ compiler, such as GCC's g++.
If you have a C++ compiler installed and openMSX did not detect it, please set the environment variable CXX to the name of your C++ compiler.
After you have corrected the situation, rerun "configure".

 どうやらC++コンパイラーへのリンクがおかしくなっているようです。
しかしまあ、しばらくしたら修正されるだろうと思っていたんですが openMSX 0.8.2 がリリースされても修正はされず、そのまま放置状態。何だかなぁ… Macでソースからコンパイルしている人は誰も居ないのか? 仕方無いので何とか自分で修正してみました。

/build/platform-darwin.mk を開く

38行目 の SDK_PATH を編集
SDK_PATH:=/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/MacOSX.platform/Developer/SDKs/MacOSX10.6.sdk

50行目 の CXX パスを編集
CXX:=llvm-g++-4.2

 Xcode 4.3 からXcode.appのパッケージ内にDeveloperフォルダを置く様な仕様になったので、SDKとコンパイラのパスを変更してみました。

書き換えたら platform-darwin.mk を保存して ./configure を実行

build/main.mk:383: Unsupported compiler: llvm-g++-4.2, please update Makefile

「build/main.mk:383: サポートされていないコンパイラ: llvm-g++-4.2」と出ますが、一応これでコンパイルできるようになります。