Posts Tagged ‘NekoLauncher openMSX’

NekoLauncher openMSX 1.5 リリース

5月 11th, 2014

NekoLauncher_openMSX_1.5
 約2年ぶりに NekoLauncher openMSX を更新しました、openMSX 0.10.0 からMachineやExtentionの構成ファイルの仕様が変更された為、ランチャーのMachinesやExtensionのメニューがうまく表示できない状態でした。既にopenMSXのOSDメニューから大まかな設定が出来るようになったので、もうランチャーは必要ないですかね。更新内容は以下の通りです。

 
■ 2014/5/11 (Ver 1.5) [build 25]
・開発環境を Xcode 5 に移行
・MacOSX10.7以降に対応
・openMSX 0.10.1 に対応
・ソースコードの現代化
・openMSX 0.9.1~0.10.1で新たに追加された Machine、Extension、ROMType を追加
・Machine list、Extension list、ROMType list を更新
・Machine / Extension ポップメニュー が正しく表示されるよう修正
・Launcher の ROMType ポップメニュー を廃止、ROMType list から設定するように変更
・初期設定ファイルの名前を「Nekocanmac.NekoLauncheropenMSX.plist」に変更
・メニュー Controls の「Machine」「Extention」「ROM type cart」を削除
・メニュー Help の「openMSX install」を削除
・メニュー Help に「openMSX SourceForge.net」サイトへのリンクを追加
・メニュー View – Settings を Window – Switch from MiniLauncher に変更
・メニュー View に Share folder (.app) を追加
・ランチャーのパッケージ内へのインストールを廃止、外部から起動のみをサポート
・Preference の DirAsDSKmode -「cached_write」「nodelete」を削除
・Preference – Key にある「Segmented Controlタブ」のスタイルを変更
・サイズ固定されたTexturedウインドウの表示がおかしくなる問題を修正
・Launcher の Machine info: に「machine_info z80_freq」を追加
・Launcher の openmsx_info: に「openmsx_info platform」を追加
・CartAが空でもCartBにExtensionを挿入できるように変更
・デフォルトのマシンを「C-BIOS_MSX2+」に変更
・Type ウインドウに Loadボタン(Text Viewにロードする)を追加
・Type ウインドウに Type from fileボタン(type_from_file コマンド)を追加
・Type ウインドウに option:(-release コマンドなど)を追加

 
Link 【Softwareページ

OS X 10.7.x用の NekoLauncher openMSX リリース

6月 29th, 2012

 いつからこうなったのか分かりませんが… OSX 10.7.x上で NekoLauncher openMSX を起動するとランチャーのタブビュー内が黒くなる問題が発生したので、新しく10.7用に再ビルドしました。
 10.4用に使っていたメタル調のカスタムウインドウが原因だったようなのでこれを削除、他にポップアップメニューをtexturedに変更しました。特に新しい機能などはありませんので10.7以外の方はダウンロードする必要はありません。

 
■ 2012/6/29 (Ver 1.4) [build 20120629]
・OSX10.7上でランチャーウインドウの表示がおかしくなる問題を修正
・MacOSX10.5以降に対応
・ポップアップメニューのスタイルをtexturedに変更
 

Link 【Softwareページ

NekoLauncher openMSX v1.4 リリース

1月 27th, 2012

 openMSX 0.8.2 に対応した NekoLauncher openMSX v1.4 をリリースしました。取り敢えずこれでOSX10.4〜10.6のサポートを打ち切り、次のバージョンでOSX10.7専用にする予定です。更新内容は以下の通りです、何か不具合などありましたらお知らせ下さい。

 
2012/1/27 (Ver 1.4)
・openMSX 0.8.2 に対応。
・<default>のMachineを返信する処理を追加。
・ランチャー「Session」タブの Machines : に を追加。
・ランチャー「Drive」タブの H-stretch : にオプションメニューを追加。
・メニューの「View」と「Window」の内容を整理。
・メニューの「File」に New Machine を追加。
・メニューに「Utility」を追加。
・メニューに「Utility」に Machine list、Extension list、ROMType list を追加。
・openMSXからのH-stretch値の変更をランチャーに反映。
・openMSXからのCassette値の変更をランチャーに反映。
・openMSX起動中にランチャーからMachineを変更した場合、アラートを表示。
・Machine window の Newボタン(create_machine)をモーダルタイプから通常ウインドウに変更。
・Machine 追加・切り替え時のMachineポップメニュー処理を修正。
・ROMマッパーに「Dooly (Baby Dinosaur Dooly)」を追加。
・コマンド引数の処理を効率化。
・コマンド引数に「-replay」「-savestate」を追加。
・コマンド引数「-cda」が正しく設定されていなかった問題を修正。
・Extended slots 用のチェックフラグを追加。
・Helpウインドウの内容を少し修正。
・System info パーサーを少し修正。
・horizontal stretch のデフォルトを280に変更。
・Machineに 「osted_MSX2+_JP」「Sony_HB-G900P」を追加。
・Extensionに「Lascom_Kanji」「Sony_HBI-232」を追加。
・RomTypeに「Manbow2_2」「HamarajaNight」を追加。
・コマンド record_channels all を追加。
・コマンド umr_callback のデフォルト値を修正。
・Preferences「Debug」タブに VDP command callback を追加。
・Preferences の一部のフォーカスリングを削除。
・Preferences の一部のテキストフィールドを Sent on Enter Only に変更。
・インストーラー処理を改良。

Link 【Softwareページ

NSArrayControllerを使ったテーブルリストの作成

6月 30th, 2011

 XMLで作成したデータファイルをNSArrayControllerに読み込ませ、TableViewとバインディングするだけで簡単にテーブルリストができた。簡単なリストならCoreDataは必要ないですね。

NekoLauncher openMSX v1.3 リリース

3月 20th, 2011

 MSXエミュレータ openMSX 0.8.1 用のランチャー「NekoLauncher openMSX v1.3」をリリースしました。今回はずいぶん長い期間開発していた気がします、ほぼ毎日デバッグ作業してました。大まかな更新内容は以下の通りです。

・openMSX 0.8.1 に対応、追加された機能や変更された内容を修正。
・openMSXをインストールする機能を追加。
・自動 IPSパッチ機能を追加。
・Audioタブに Mute/Solo/REC メニューを追加。
・Sound mixer buffer : を追加。
・Sound Channel / Sound chip Profile を追加。
・ReverseウインドウにTAS用のボタンを追加。
・OSD Menu ウインドウを追加。
・その他、様々な改良と修正。

詳しい内容は付属の「Version history」をお読み下さい。何か不具合などがありましたらお知らせ下さい。

Link 【Software ページ

OSD Menu を追加

3月 13th, 2011

 画面にいろいろな情報を表示するOSDMenuウインドウを追加しました。
先程 openMSX 0.8.1 がタギングされました、ランチャーもこれで仕上げる予定です。

ランチャーにオプションを追加

11月 21st, 2010

 Reverse の新しいオプション「-goto」と「-viewonly」を追加しました。
-goto はどこから再生を始めるかを設定するオプション、-viewonly はリプレイ再生中にキーボード操作を出来なくするオプションです。あとReverse用のファイルの拡張子が「.omr」に、SaveState用の拡張子が「.oms」に変更されました。中身は以前と同じ「.xml.gz」です。