Posts Tagged ‘NekoLauncher Mednafen’

NekoLauncher Mednafen 0.9.38.1 [Build 36] リリース

2月 14th, 2015

nekolauncher09381

 NekoLauncher Mednafen 0.9.38.1 [Build 36] をリリースしました。先日UNSTABLEが取れた Mednafen 0.9.38.1 がリリースされましたがちょっとしたバグ修正だけのようですね、相変わらずうちの環境ではコンパイルはできるものの起動するとエラーが発生してしまいます。 付属の「README」には…

 clang: 3.4.0 or newer is required.
 
 gcc: 4.7(4.7.4+), 4.8(4.8.4+), or 4.9(4.9.2+) or newer is required.
 Reportedly, passing: –build=x86_64-apple-darwin`uname -r`
 to the configure script is necessary for building on Mac OS X to work properly.

 とあるので、最新バージョンのコンパイラでないと起動できないのかもしれません。 Mednafenとランチャーの更新内容は以下の通りです。

 
Mednafen — 0.9.38.1: –
2015年2月11日:
NES:報告によればNES上で発生する事と一致させるために、リセット時にエミュレートされた6502のスタックポインタから 3 減算、それと不完全にプログラムされた「ゼルダの伝説」ゲームハックを修正。
2015年2月9日:
仮想デバイスの入力コンフィグプロセスを中断できるようにします(それは0.9.38-UNSTABLEで壊れていた);たとえ中断されたとしてもそれはなお壊れた状態にコンフィグを残すでしょう。(しかしそれは回帰ではありません^_^)。
PSX:PSF/EXEファイル(0.9.38-UNSTABLEで導入された回帰)のローディングでセグメンテーション違反を引き起こしていたバグを修正しました。
2015年2月8日:
ゲーム終了時の明確なオーバーライド設定(forks/portsの為に)。

 
NekoLauncher Mednafen
■ 2015/2/14 Ver 0.9.38.1 [build 36]
・Mednafen 0.9.38.1 に対応
・サウンドドライバに「wasapish」を追加
・物理的なCDのサポートを廃止
・エラー時にダイアログが2回出る問題を修正
・osd.message_display_time 設定を追加
・filesys.path_pgconfig 設定を追加
・psx.cd_sanity 設定を追加
・psx.dbg_exe_cdpath 設定を追加(使用不可)
・srwautoenable 設定を追加(使用不可)
・GUIの調整

 
Link 【Softwareページ

NekoLauncher Mednafen 0.9.37.1 [Build 35] リリース

12月 23rd, 2014

NekoLauncherMednafen0.9.37

 NekoLauncher Mednafen 0.9.37.1 [Build 35] をリリースしました。半年ぶりくらいの更新ですね、0.9.37.1で新しく追加された設定以外では、クイックメニューのファイル名を2行に変更したくらいで特に変わったものはありません。 更新内容は以下の通りです。
 

■ 2014/12/22 Ver 0.9.37.1 [build 35]
・Mednafen 0.9.37.1 に対応
・クイックメニューの最近使ったファイル名を2行に変更
・Preference – Network : netplay.smallfont 設定を追加
・キーバインディングのリストを更新
・設定を追加:
 filesys.state_comp_level
 psx.bios_sanity
 psx.h_overscan
 demo.input.port1.controller.toggle_ilace
 demo.input.port2.controller.xxx (各種多数)
 md.input.auto
 md.input.port(1〜8) (各種多数)
 md.input.port.xxx.xxx (各種多数)
 md.input.mouse_sensitivity
 md.input.multitap
・名称を変更:
 demo.input.port1.controller.xxx (各種多数)
 ;pce, Port (1~5), Gamepad: Mode (各種多数)
 ;pce_fast, Port (1~5), Gamepad: Mode (各種多数)
 ;pcfx, Port (1~8), Gamepad: MODE 1 (各種多数)
 ;pcfx, Port (1~8), Gamepad: MODE 2 (各種多数)
・設定を未使用:
 psx.clobbers_lament
・設定を削除:
 filesys.disablesavegz
 srwcompressor
 

Link 【Softwareページ

NekoLauncher Mednafen 0.9.36.2 [Build 34] リリース

6月 28th, 2014

nl_mednafen09362

 NekoLauncher Mednafen 0.9.36.2 [build 34] をリリースしました。 SiteMixのサーバー移動ですが、予定では数時間〜72時間以内のはずだったのですが、まだ終了の通知がきていません。ファイルのアップロードは一応出来るようになったので終わったのかな? しかしアップロードしたファイル名が勝手に数字(拡張子なし)に変換されてしまったりサムネが保存されてなかったりとかなり不安定… とりあえず様子を見ながら更新をしていきたいと思います。

更新内容は以下の通りです。
 

■ 2014/6/28 Ver 0.9.36.2 [build 34]
・Mednafen 0.9.36.2 に対応
・Preferenceウインドウの幅を500pixに延長
・Preference – Emulator : システムメニューに Auto usage setting を追加
・Preference – Emulator : 画面倍率 X:/Y: のフォーマッタを修正
・Preference – Emulator : ドロワーボタンを変更
・Preference – Emulator : PlayStationに psx.clobbers_lament 設定を追加
・Preference – Emulator : WonderSwanに wswan.excomm 設定を追加
・Preference – Emulator : WonderSwanに wswan.excomm.path 設定を追加
・Preference – General : video.disable_composition 設定を追加
・Preference – Emulator : SNES の Input port 2 に superscope を追加
・キーバインディングに snes, Port 2/2A, Super Scope:~ 設定を追加
・GUIの調整
 

Link 【Softwareページ

NekoLauncher Mednafen 0.9.34.1 [Build 33] リリース

5月 17th, 2014

NekoLauncher Mednafen33

 NekoLauncher Mednafen 0.9.34.1 をリリースしました。 Xcodeでランチャーのインターフェイスを作成中、保存と同時に他のファイルをクリックしたら MainMenu.xib が壊れて開けなくなってしまいました。運良く3時間前にビルドしたものがあったのでリソース(MainMenu.nib)から変換して何とか復旧できましたが、おかげで二度手間でしたよ。これでもし復旧できなかったら…もうやる気が失せますね、更新内容は以下の通りです。
 

■ 2014/5/17 Ver 0.9.34.1 [build 33]
・Mednafen 0.9.34.1 に対応
・Preference – General : に video.deinterlacers 設定を追加
・Preference – General : 強制使用モジュールを改良
・Preference – General : ビデオドライバのポップアップメニューを修正
・Preference – Emulator : 一部の<system>.enable 設定が機能していなかった問題を修正
・Preference – Emulator : <system>.scanlines 設定値を -100~100 に変更
・Preference – Emulator : <system>.resamp_rate_error のフォーマッタを修正
・Preference – Emulator : ScanLineとBlur設定のGUIを変更
・Preference – Emulator : Pull Down になっているポップアップボタンのメニューを修正
・Preference – Emulator : PlayStationに psx.input.port*.analogjoy.axis_scale 設定を追加
・Preference – Emulator : PlayStationに psx.input.port*.dualanalog.axis_scale 設定を追加
・Preference – Emulator : PlayStationに psx.input.port*.dualshock.axis_scale 設定を追加
・Preference – Emulator : WonderSwan の血液型と性別ポップアップメニューを修正
・Preference – Emulator : 「demo」モジュールを追加
・KeyBindingウインドウに「demo」モジュールを追加
・KeyBindingのリストを更新
・GUIの調整
 

Link 【Softwareページ

Mednafen 0.9.33.3 リリース

4月 20th, 2014

NekoLauncher Mednafen09333

 Mednafen 0.9.33.3 がリリースされました、Windows Vistaと7用の変更がメインのようですね、NekoLauncher Mednafen も少し環境設定に問題が見つかったので更新しました。 更新内容は以下の通りです。

 
 さらに別のプライマリーマイナーバグ修正リビジョン。

 Mednafenは(少なくとも一般的なモニタのリフレッシュレート上で)非常によく実行されたことがないように、現在 Mednafenの実行中に Windows Vistaと7上でデスクトップコンポジション(Aeroのテーマで有効)が強制的に無効になっています。
 この変更が気になる場合はバイナリエディタでmednafen.exeを開き、「DwmEnable」(引用符なし)を検索して、「DwmAnable」や「Elephants」のようなものにテキストを変更することにより、以前の動作に戻すことができます。(またその場合、この変更が有害であったならあなたの使用環境について幾つかフィードバックをここに残してください)

変更点 – 0.9.33.3 –

2014年4月16日:
・より正確なFPS値を生成するFPS演算アルゴリズムを作り直し。
・Windows Vista と最新のMednafenで使用されることはない、その有害なDPI仮想化と利用可能なスケーリングを確保するため、Windows用実行ファイルに埋め込まれるマニフェストファイルを追加。
・Windows 8 以前のシステム上で実行する場合に、より良いパフォーマンスとより少ないビデオジャディングを確保するため、DWM構成を無効にするコードを追加。(悲しいことに、それは Windows 8 以降でこのようにデスクトップコンポジションを無効にすることはできません)
PCE, PCE_FAST:セーブステートに欠落していたADPCM再生変数を追加; ADPCM再生中にセーブステートロードするとき、重度のADPCMサウンド歪み問題を修正します。(特にステート巻き戻し機能で目立つ)

2014年4月15日:
・7ビットASCIIテキストを壊さないように、MDFN_RemoveControlChars() を修正。

2014年4月12日:
・その他のマイナーコードクリーンアップと、いくつかのコンパイラ警告の修正。

2014年4月11日:
NES:「UNL-Sachen-8259B」ボード(ゲーム”Silver Eagle”で使用)の壊れたエミュレーションを修正。

2014年4月10日:
・いくつかの状況で指定された最大幅を超えて水平方向に1ピクセルを描画しないように、ドロップシャドウ内部テキスト描画ルーチンを修正。

2014年4月9日:
SNES:clangで報告されたコンパイルエラーをうまく解決するために、コード構成を変更。
・セーブステートが無効に指定されたバージョンのときの、セーブステートローディングのエラー出力。
・幾つかのプラットフォーム/ウィンドウマネージャ上では見えないMednafenアイコンの問題を修正する為、SDL_SetVideoMode()の前に、SDL_WM_SetIcon()を呼び出します。
・コアPSFローディングコードのちょっとした整数オーバーフロー問題を修正。
NES:潜在的なヒープオーバーフローの脆弱性を含む、ROMイメージファイルをロードするコードの幾つかの問題を修正。
 

NekoLauncher Mednafen
■ 2014/4/19 Ver 0.9.33.3 [build 32]
・DockMenuに「Quick menu」を追加
・cfgのバックアップファイル名を mednafen-09x_backup.cfg から mednafen-09x_[date]_[time].cfg に変更
・Preference Emulator:stretchとBilinearのポップアップメニューを修正
・mednafenシステムダウン時にアラートを表示
・ローカライズファイルを更新
 

Link【Mednafen – Multi-system Emulator】【Softwareページ

NekoLauncher Mednafen 0.9.33 [Build 31] リリース

3月 11th, 2014

NekoLauncherMednafen31

 Mednafen用のランチャー NekoLauncher Mednafen 0.9.33 [build 31] をリリースしました。今回のバージョンから MacOS X 10.7 以降(x86_64バイナリ)に対応となっております。

 さらに mednafen 0.9.33.1 が早くもリリースされました …しかしMednafenを起動後、キーボードを押した途端に以下の様なエラーが出て落ちてしまいます。

 Signal has been caught and dealt with: SIGSEGV
 Iyeeeeeeeee!!! A segmentation fault has occurred. Have a fluffy day.

キーボードが悪いのか?最近はMacの調子も悪いのでよくわかりません(-_-*(GCC4.2では正常にコンパイルできないことが判明しました)、更新内容は以下の通りです。

 
mednafen 0.9.33.1
2014年3月8日:

・デバッガなしでコンパイルするときのコンパイルエラーを修正。
・いくつかのメモリリークを修正。
PSX:ロードと初期化コードパスの例外をよりよく利用。(プロセスの一部に障害が発生した場合やメモリリークを避けるため)
PSX:デバッガ中のステップモードでより安全にパワーのトグル/リセットまたはセーブステート(それらを追加するとき)を使用するために、“abort()” 呼び出しを発生させることなくサウンドバッファオーバーフローから保護。
PSX:デバッグメッセージの出力 stdout と stderr は、現在 “psx.dbg_level” 設定を介して制御されます、そのデフォルト値は “0” で、ほぼすべてのデバッグメッセージを無効にします。以前のバージョンとほぼ同じ出力を得るためには、設定を “3” にセットします。

2014年3月1日:
・幾つかのOpenGL実装と互換性を高めるために、GLSL1.3の機能 “round()” を使用しないよう、シンプル補間ピクセルシェーダコードを修正。

 
NekoLauncher Mednafen
■ 2014/3/10 Ver 0.9.33 [build 31]
・開発環境を Xcode 5 に移行
・コードの改良と近代化
・Mednafen 0.9.33 ~ 0.9.33.1 に対応
・Preference Emulator:「~描画する走査線:」設定にステッパーを追加
・Preference Emulator:各フォーマッタを修正
・Preference AV:sound.rate の最大値を192000に変更
・NES:「GameGenieエミュレーション:」に選択ボタンを追加
・NES:「FX-SCSI ROM のパス:」に選択ボタンを追加
・PCE:pce.psgrevision の「enhanced」を削除
・PCE:設定 pce.adpcmlp を削除
・PCE:新しい設定「pce.adpcmextraprec」「pce.resamp_quality」「pce.resamp_rate_error」を追加
・PCFX:新しい設定「pcfx.resamp_quality」「pcfx.resamp_rate_error」を追加
・PCFX:pcfx.rainbow.chromaip のデフォルト値を0に変更
・PSX:新しい設定「psx.slstart」「psx.slend」「psx.slstartp」「psx.slendp」を追加
・PSX:新しい設定「psx.dbg_level」を追加
 

Link 【Softwareページ

NekoLauncher Mednafen 0.9.32 [Build 30] リリース

9月 19th, 2013

nl30

 mednafen用のランチャー「NekoLauncher Mednafen 0.9.32 [build 30]」をリリースしました。
0.9.31-WIPから追加された -physcd オプションに対応しました …と言っても libcdio のバグの関係でMacでは正常に動かないんですけどね。詳しい更新内容は以下の通りです。

 
mednafen 0.9.32-WIP :
このリリースでは、少なくとも二つのPS1ゲームで0.9.31-WIPでの互換性回帰を修正します。
PSX:GPUインターレースおよびダブルハイトモードのエミュレーションコードを少し作り直し:「iS internal section」と「The Next Tetris」のロックアップを修正。
 
NekoLauncher Mednafen
■ 2013/9/19 Ver 0.9.32 [build 30]
・Mednafen 0.9.31/32-WIP に対応
・CDをロードする引数 -loadcd を -physcd に変更
・「Boot from a physcal CD」パネルを追加、以前の Boot system パネルは廃止
・Preference「General」のビデオドライバ:に overlay を追加
・Preference「Misc」に stdout key: を追加
・PCEの設定名「Enable dynamic ADPCM lowpass filter」を変更
・PSの設定名「Input device for Virtual Port 1~8」を変更
・PSの設定名「psx.input.pport1.multitap」「psx.input.pport2.multitap」を変更
・拡張子 CCD/SUB/IMG 形式をサポート
・コードを少し整理
 

Link 【Softwareページ

NekoLauncher Mednafen v0.9.29 [Build 29] リリース

7月 29th, 2013

NL0929

 マルチシステムエミュレータ Mednafen 0.9.29-WIP がリリースされました。前回のリリースが1月14日だったので半年ぶりという事になりますね、更新内容は以下のとおりです。
 

いくつかのマイナーな改良と共に、これは主にもう一つのバグ修正リリースです。
特に注目すべき変更点は次の通りです:

・ネットプレイ・ユーザーインターフェイスがクラッシュするバクを修正。
・SNES(擬似)ハイレゾブレンディングをより少なくぼやけるように変更。
・SNESオーディオリサンプラーをより高品質なリサンプラ(しかし、ややCPU高負荷)に変更。
・一時停止後の音楽再開が「モータルコンバット・トリロジー」で働くように、エミュレーションに PS1 CDC機能を実装しました;しかしながら、そうでないPS1ゲームの互換性に影響を与える可能性は低いです。
・新しく実験的、Windows Vista以降用のオプション(それはデフォルトで使用されていない) “WASAPI” 排他的モードのサウンド・ドライバ/出力方法;オーディオレイテンシーをより低くできる(sound.buffer_time設定を減らすと共に)、そして少ないタイミングジッタ(現代実装のDirectSoundと比べて)、そしてそれはランブルエミュレーションとネットプレイのようなものを改善します。

NekoLauncher Mednafen も更新

■ 2013/7/29 Ver 0.9.29 [build 29]
・Mednafen 0.9.29-WIP に対応
・Preference「General」の cheats が変更できなかった問題を修正
・Preference「AV」の Sound driver: に wasapi を追加
・Preference「Emulator」-「フルスクリーンモードの解像度:」のメニューを更新
・Preference「Emulator」-「フルスクリーンモードの解像度: X: / Y:」のフォーマッタを修正
・Preference「Emulator」のSNESに「APU output resampler quality」設定を追加
・Preference「Emulator」のCD Playerに「Enable simple waveform visualization」設定を追加
・Preference「Control」の連射表示を修正
・Preference「Control」の自動連射のGUIをスライダーからステッパーに変更
・Preference「Support」に ”Mednafen Configuration File (Text) : ” を追加
・Preference「Misc」に ”ランチャー起動時にクイックメニューを表示する” を追加
・クイックメニュー パネルを追加
・Boot system パネルのアイコンを変更
・Mednafen実行中は Preference, インストーラー, キーバインディング ウインドウを表示しない
・コンフィグを初期化する「Default」処理をモーダルシートで表示
・ランチャー起動時に「-force_module」設定を強制的にOFFにしないよう変更
・Dockメニューに「ROMを開く」を追加
・スタートアップ処理とモーダルイベントの改良
・コードの改良と近代化
・Helpウインドウの内容を修正
・GUIを調整

Link 【Softwareページ