Mednafen をコンパイルする

pr_newlogo
 
 マルチシステムエミュレーター「Mednafen」をMacOSXでコンパイルする方法を紹介します。
 
 Mednafen は GameBoy, GameBoyAdvance, GameGear, Lynx, MegaDrive, NeogeoPocket, FamilyComputer, PC-Engine, PC-FX, PlayStation, MasterSystem, SuperFamicom, VirtualBoy, WonderSwan などに対応したマルチシステムエミュレータです、v0.4.5からMacOSXでもコンパイルできるようになりました。

 FCE Ultra、VisualBoy Advance、Handy といったオープンソースなエミュレータのコードをペースにして開発されていますので、基本的にそれらのエミュレータとほぼ同じ性能といえます。多彩なグラフィックエフェクトやネットワークプレイ、USBジョイスティック、スクリーンショット、セーブステート、OpenGLによるフルスクリーンモードなどの機能を搭載しています。
 
 今回はこの Mednafen をOSXでコンパイルする方法を紹介します。オフィシャルサイトから最新のソースをダウンロードしておいてください。
 
・Mednafen – Multi-system Emulator オフィシャルサイト
 公式サイト:  http://mednafen.sourceforge.net
 ダウンロード: http://sourceforge.net/projects/mednafen/

 

各ライブラリのコンパイルとインストール

 
 Mednafen をコンパイルするには以下のライブラリが必要です。
 
・SDL 1.2
 公式サイト:  http://www.libsdl.org/download-1.2.php
 ダウンロード: http://www.libsdl.org/release/SDL-1.2.15.tar.gz
・libsndfile
 公式サイト:  http://www.mega-nerd.com/libsndfile/
 ダウンロード: http://www.mega-nerd.com/libsndfile/files/libsndfile-1.0.25.tar.gz
(1.0.25がコンパイルできない場合)
 プレビュー版: http://www.mega-nerd.com/tmp/libsndfile-1.0.26pre5.tar.gz
・libcdio (v0.9.38 から不要)
 公式サイト:  http://www.gnu.org/software/libcdio/
 ダウンロード: http://ftp.gnu.org/gnu/libcdio/libcdio-0.93.tar.gz
・pkgconfig (もしかしたら必要かも)
 公式サイト:  http://www.freedesktop.org/wiki/Software/pkg-config/
 ダウンロード: http://pkgconfig.freedesktop.org/releases/pkg-config-0.28.tar.gz

 
SDLライブラリのインストール