Mednafen 0.9.39 UNSTABLE リリース

8月 9th, 2016 by Jazzin Leave a reply »

newlogo
 
 久しぶりのリリースですね、今回新たにセガサターンエミュレーションが追加されましたがUNSTABLEという事でまだ動作が不安定のようです。 更新内容は以下の通り。

 
 このリリースでは、実験的なセガサターンエミュレーションを追加します。これは現在 x86_64版のみ、非常にCPU集中型で、セーブステートのサポートがなく、そしてPAL地域のゲームをサポートしていません。しかし SSF (“Saturn Sound Format”) リッピングの再生は x86_64 プラットフォームに限定されるものではありません。
 
0.9.38.7と比較して重要なエンドユーザー向けの変更:
・実験的なセガサターンエミュレーションを追加しました。
・低精度 “snes_faust” でのSNESエミュレーションモジュールは、現在デフォルトでコンパイル&使用可能です(ただしSPC再生を除き、デフォルトでは使用できません)。
・バージョンは現在、[F1] ヘルプスクリーンの右上隅に表示されます。
・ネットプレイやチートコンソールでのスクロールは現在目に見えるライン単位で行われます、そしてコンソールがずっと先までスクロールダウンされていない場合、緑色のインジケータ矢印は現在、右下に描画されます。
・デバッガのメモリエディタのレイアウトを刷新。
MD:古い68Kエミュレータをサターンエミュレーション用に開発された新しい68Kエミュレータに置き換え。 「Double Clutch」「James Pond 3」「Sub-Terrania」の主な問題を修正。しかし現在タイミングが新しい68Kエミュレーションコードでビットオフになっているので、いくつかの回帰があるかもしれません。
MD:「Turrican」で起動時のロックアップを修正するための小細工(その場しのぎ)を実装しました。
NES:マイナーな「Zelda 2」のタイトル画面バケ、「無頼ファイター」のステータスバーの画面バケ、そして「Young Indiana Jones Chronicles」の第2ステージのスクロールを修正するための小細工(その場しのぎ)を実装しました。
NES:オーディオリサンプラーでSSE2のサポートを有効化(すべてのCPUにおいてSSE2サポートが使用されるわけではないが、大部分はより新しいもの)
NES, PCE, PC-FX:オーディオリサンプラーにARM NEONサポートを追加しました(-mfpu=neon または similar でコンパイルされた場合)。
PCE, PC-FX:オーディオリサンプラーにAVXのサポートを追加しました。
PS1:めったに使用されないCDC機能のエミュレーションを有効化;「Fantastic Pinball Kyutenkai」のロックアップバグを修正。
PS1:ARM CPU上で小さなパフォーマンス向上のためにCPUクラスデータレイアウトの順序を変更。
SNES:ARMサポートのための libco を更新。

追加された設定:
filesys.fname_savbackup
filesys.path_savbackup
netplay.console.scale
netplay.console.font
netplay.console.lines
ss.*

削除された設定:
netplay.smallfont

 
Link【Mednafen – Multi-system Emulator

Advertisement

コメントを残す