Yabause v0.9.14 リリース

11月 24th, 2014 by Jazzin Leave a reply »

Yabause0914

 セガサターン発売20周年記念!ということで Yabause v0.9.14 がリリースされました。前回は画面がチラついてゲームになりませんでしたが、今回は「OpenGLのビデオコアは現在壊れて無効になっています、最近のMacを使っているならsoftwareコアでも問題無いだろう」とのこと。 更新内容は以下の通りです。

『君たちのどれくらいが知っているのか分からないが、セガサターンが日本で最初に発表された時から 2014年11月22日で20年を迎えます。したがって私たちはお祝いにバージョン0.9.14をリリースすることにしました!お楽しみください!』

一般:
   – bin/cueファイルにbinが見つからないときのクラッシュを修正。
   – 繁体字中国語の翻訳を追加。
   – 日本語の翻訳を追加。
   – ロシア語翻訳を追加。
   – ドイツ語の翻訳を更新。
   – メイン・エミュレーションコードにインラインSH2アセンブラ機能を追加。
   – 多様なメモリリーク/初期化されていない変数を修正。
   – スタナー/バーチャガンエミュレーションを追加。
   – USB Dev カートリッジエミュレーションを追加。
   – SDL2のサポートを追加。
アンドロイドポート:
   – Androidポートにスクリーンショット機能を追加
エミュレートされるBIOS:
   – HLE BIOSを使用した場合、スレーブSH2からSCUマスクを変更しようとするゲームのためのワークアラウンドを修正。「輝水晶伝説アスタル」を修正。
GTKポート:
   – 潜在的なリークまたはクラッシュを避けるため、解像度設定に特別なチェックを追加。
MacOSポート:
   – OSX用のXcodeプロジェクトにいくつかの修正
   – 新しいOSX SDKでコンパイルした場合、フルスクリーンモードを修正
QTポート:
   – メモリ転送機能を使用したとき、coff/elfファイルが選択できなかった問題を修正。
   – QTボリュームスライダーが起動時に保存された値を示さなかったバグを修正。
   – マウスが動いていないとき、必要に応じて自動的に隠す
   – GUIにインラインアセンブラを追加。
   – マウスエミュレーション処理を改訂、感度設定を追加。
   – その他の修正
ドリームキャストポート:
   – コンパイレーションを修正
ビデオ:
   – Y座標の増加が特定セットの状況下で、初期化されていなかったバグを修正。「Radiant Silvergun」ではOpenGLレンダリングを使用してハングを修正する必要があります。
   – スペシャルカラー計算モード2を修正
 
 
LINK【Yabause – Sega Saturn Emulator

Advertisement

コメントを残す