SDL 2.0.2 リリース

3月 14th, 2014 by Jazzin Leave a reply »

sdl_img

 SDL 2.0.2 が出てました、更新内容(Mac関係のみ)は以下の通りです。
*追加:3/16に SDL 2.0.3 がリリースされました。

 
一般:
・OpenGL属性をデフォルト値にリセットする SDL_GL_ResetAttributes() を追加。
・ファイルからゲームコントローラのマッピングデータベースをロードするためのAPIを追加: SDL_GameControllerAddMappingsFromFile()、SDL_GameControllerAddMappingsFromRW()
・PS4とOUYAコントローラのゲームコントローラマッピングを追加。
・SDL_GetDefaultAssertionHandler() と SDL_GetAssertionHandler() を追加。
・SDL_DetachThread() を追加。
・CPUにAVX機能があるかどうか決定する SDL_HasAVX() を追加。
・stdlibルーチンに SDL_vsscanf(), SDL_acos(), SDL_asin() を追加。
・EGLは現在 OpenGLとOpenGL ESの1.x/2.x のコンテキストを作成/管理でき、SDL_GL_SHARE_WITH_CURRENT_CONTEXT を使用してそれらを共有することができます。
・マウスボタンイベントに イベントが シングルクリック、ダブルクリック、その他 であるかどうかにかかわらず記録する フィールド “clicks” を追加。
・スクリーンセーバーは現在デフォルトで無効です、そしてその動作を変更することができるヒントSDL_HINT_VIDEO_ALLOW_SCREENSAVER があります。
・マウスの相対モードがマウスワーピングを使用してエミュレートするかどうかを指定するヒント SDL_HINT_MOUSE_RELATIVE_MODE_WARP を追加。
・testgl2 は、もうlibGLとリンクする必要はありません。
・OpenGL ES 2.0 の動作を実証する testgles2テストプログラムを追加。
・ゲームコントローラを視覚的にマップするcontrollermapテストプログラムを追加。

Mac OS X:
・Ctrlキー+クリックを MacOSX上で右クリックとして扱うかどうかを制御するためのヒント SDL_HINT_MAC_CTRL_CLICK_EMULATE_RIGHT_CLICK を追加。これはデフォルトでオフになっています。

*追加 2.0.3
・Mac OS X 10.6上のデフォルトでOpenGLコンテキストの作成を修正
 
Link:【Simple DirectMedia Layer – Homepage

Advertisement

コメントを残す