NekoLauncher Mednafen 0.9.33 [Build 31] リリース

3月 11th, 2014 by Jazzin Leave a reply »

NekoLauncherMednafen31

 Mednafen用のランチャー NekoLauncher Mednafen 0.9.33 [build 31] をリリースしました。今回のバージョンから MacOS X 10.7 以降(x86_64バイナリ)に対応となっております。

 さらに mednafen 0.9.33.1 が早くもリリースされました …しかしMednafenを起動後、キーボードを押した途端に以下の様なエラーが出て落ちてしまいます。

 Signal has been caught and dealt with: SIGSEGV
 Iyeeeeeeeee!!! A segmentation fault has occurred. Have a fluffy day.

キーボードが悪いのか?最近はMacの調子も悪いのでよくわかりません(-_-*(GCC4.2では正常にコンパイルできないことが判明しました)、更新内容は以下の通りです。

 
mednafen 0.9.33.1
2014年3月8日:

・デバッガなしでコンパイルするときのコンパイルエラーを修正。
・いくつかのメモリリークを修正。
PSX:ロードと初期化コードパスの例外をよりよく利用。(プロセスの一部に障害が発生した場合やメモリリークを避けるため)
PSX:デバッガ中のステップモードでより安全にパワーのトグル/リセットまたはセーブステート(それらを追加するとき)を使用するために、“abort()” 呼び出しを発生させることなくサウンドバッファオーバーフローから保護。
PSX:デバッグメッセージの出力 stdout と stderr は、現在 “psx.dbg_level” 設定を介して制御されます、そのデフォルト値は “0” で、ほぼすべてのデバッグメッセージを無効にします。以前のバージョンとほぼ同じ出力を得るためには、設定を “3” にセットします。

2014年3月1日:
・幾つかのOpenGL実装と互換性を高めるために、GLSL1.3の機能 “round()” を使用しないよう、シンプル補間ピクセルシェーダコードを修正。

 
NekoLauncher Mednafen
■ 2014/3/10 Ver 0.9.33 [build 31]
・開発環境を Xcode 5 に移行
・コードの改良と近代化
・Mednafen 0.9.33 ~ 0.9.33.1 に対応
・Preference Emulator:「~描画する走査線:」設定にステッパーを追加
・Preference Emulator:各フォーマッタを修正
・Preference AV:sound.rate の最大値を192000に変更
・NES:「GameGenieエミュレーション:」に選択ボタンを追加
・NES:「FX-SCSI ROM のパス:」に選択ボタンを追加
・PCE:pce.psgrevision の「enhanced」を削除
・PCE:設定 pce.adpcmlp を削除
・PCE:新しい設定「pce.adpcmextraprec」「pce.resamp_quality」「pce.resamp_rate_error」を追加
・PCFX:新しい設定「pcfx.resamp_quality」「pcfx.resamp_rate_error」を追加
・PCFX:pcfx.rainbow.chromaip のデフォルト値を0に変更
・PSX:新しい設定「psx.slstart」「psx.slend」「psx.slstartp」「psx.slendp」を追加
・PSX:新しい設定「psx.dbg_level」を追加
 

Link 【Softwareページ

Advertisement

コメントを残す