Mednafen 0.9.33 リリース

3月 1st, 2014 by Jazzin Leave a reply »

mednafen0933
 マルチシステムエミュレータ Mednafen 0.9.33 がリリースされました。相変わらずSNESのコンパイル中にエラーで止まりますね… 仕方がないのでSNESのエミュレーションを無効にしました。

./configure --disable-snes

 コンフィグ時に–disable-snesを追加、これでコンパイルできます。更新内容は以下の通りです。

 
『末尾の「-WIP」はこのリリースおよび今後のリリースでは削除されます。より安定していないリリース(これは考慮されなければならない)はフォーラムのみで「リリース」され、より安定したリリースはメインサイトとSourceforgeリリースシステムに追加されます。』
 
 このリリースのハイライト(0.9.32.1-WIPと比較して)は次の通りです:

・Xbox 360コントローラーの「ガイド」ボタンは、現在マッピング可能でありMS Windows上で使用できます。
・グラフィックスの歪みによる斜線の問題を解決するために、シンプル補間ピクセルシェーダを書き直し。
・回転(Alt + Oキー)を複数水平解像度ソース画像で使用した場合、もう酷く画像を壊しません(このような画像を引き起こすエミュレーションモジュールは、pce, pce_fast, pcfx, psx, snes が含まれます)。
・モジュールごとの設定を無効化するためのサポートを追加(”nes.cfg”、” pce.cfg”、” pce_fast.cfg” という様なファイル名に設定を入れることで指定)。
・最大限サポートされるサウンド出力レートを1048576Hzからより適当な192000Hzに減少(適切な​​音声処理アルゴリズム設計とテストがより容易になります) 。
・さまざまなデバッガのバグ修正と設計上の欠陥を修正するリファクタリング;セーブステートは現在クラッシュを引き起こすことなく、PC-FXとPCエンジンエミュレーションでステップモードが動作するはずです。
 
GB:チートインターフェースに「GameShark」チートを入力するためのサポートを追加。
NES:チートインターフェースに「Pro Action Rocky」チートを入力するためのサポートを追加。
PCE:PSGリビジョンの「enhanced」のサポートが削除されました、そしてデフォルトのPSGリビジョン設定は現在「match」です(SuperGrafxゲームやHES再生のためのHuC6280A、その他全てのHuC6280)。
PCE/PC-FX:サウンドリサンプリングと多くのより高品質なプロセッシングの改造。
PS1:チートインターフェースに「GameShark」チートを入力するための限定的なサポートを追加(全てのコードの種類がサポートされておらず、幾つかのチートが正常に動作しない場合があります)。
PS1:PS1のテストごとのCD-XAのADPCMリサンプリングアルゴリズムの精度(と品質)を改善。
PS1:セクターバッファリングとPS1のテストごとのXA ADPCM再生を作り直し;「Breath of Fire 4」の音声カットオフに関する問題と、おそらく幾つかのその他のゲームを修正、 そして「キャプテンコマンドー」で破損したボスのグラフィックス問題を修正。
SNES:Game Genieコードのサポートを追加。
 
新しい設定:
pce.adpcmextraprec
pce.resamp_quality
pce.resamp_rate_error
pcfx.resamp_quality
pcfx.resamp_rate_error
psx.slstart
psx.slend
psx.slstartp
psx.slendp
 
定義が変更された設定、およびデフォルト値:
pce.psgrevision
pcfx.rainbow.chromaip
sound.rate
 
削除された設定:
pce.adpcmlp
 

Link 【Mednafen Forum: Development

Advertisement

コメントを残す