Yabause v0.9.13 リリース

12月 22nd, 2013 by Jazzin Leave a reply »

yabause0913

 サターンエミュレータ Yabause v0.9.13 のMac版がリリースされました。Yabauseが誕生してから今年で10周年だそうです、おめでとうございます。プレステに比べてサターンのエミュレータ開発はかなり難航してますね、未だにまともに動くサターンエミュが無いのが残念なところです。さてMac版 Yabause v0.9.13 ですが、うちの環境では画面がチラついてまともにゲームが出来ませんでした、サウンドだけは正常に鳴ってます。Video Core を「OpenGL」から「Grand Central Dispatch Software Core」または「Software Video Core」にすれば少しは改善するゲームもあるようです。今回の更新内容は以下の通りです。

 
0.9.12 – >0.9.13
一般:
   – Carbon、PSP、Wii、Windowsポートを削除
   – autotoolsベースのビルドを削除
   – autopackageを削除
   – mdf/mdsイメージのサポート
   – サポートされていないcueファイルを拒否するセーフガード
   – CD+Gのサポート
   – “manual mode” を改善
   – 16BPP出力でYabauseをビルドすることを可能にした
   – SDLジョイスティックコードでHatスイッチをサポート
   – GDBスタブ
   – BIOSエミュレートを改善
サウンド:
   – SCSPコアによって歪んだCDオーディオ問題のほとんどを修正
ビデオ:
   – ソフトウェアレンダラの改良(透明性、フレームスキップ)
QTポート:
   – メモリエディタと検索
   – SH2デバッガの改良:バックトレースのサポート、ステップオーバー、ステップアウト
   – 無限ループトラッキング
   – 設定を変更する度にエミュレーションを再起動しない
   – Qt5 と SDL2 によるYabauseのコンパイルができる
   – Logウィンドウを非表示にすることができるようになった
   – ウィンドウの位置を保存して復元する
   – アプリケーションディレクトリ内の.iniファイルを使用できる
   – マウスと3Dコントロールパッドのサポート
   – ドライブ作成と言語設定をよりユーザーフレンドリーにした
   – 現在フルスクリーンに変更する際に解像度もアップデートする
   – ショートカット編集

 
LINK【Yabause – Sega Saturn Emulator

Advertisement

コメントを残す