SDL 2.0.1 リリース

10月 25th, 2013 by Jazzin Leave a reply »

sdl_img
 
 SDL 2.0.1 がリリースされました。frameworkのアイコンがフォルダから白いブロック(プラグイン)アイコンに変わってますね。更新内容(Mac関係のみ)は以下の通りです。

 
一般:
・SDL_filesystem.hに共通のファイルシステムパスを取得するAPIを追加:
 SDL_GetBasePath()、 SDL_GetPrefPath()
・IYUVテクスチャのアップデートとYV12を最適化するためのAPIを追加:
 SDL_UpdateYUVTexture()
・システム上のRAM容量を取得するAPIを追加:
 SDL_GetSystemRAM()
・SDL_GetTicks() でタイムスタンプ比較を実行するためにマクロを追加:
 SDL_TICKS_PASSED()
・OpenGL ES 2.0 のレンダリング性能を劇的に改善
・OpenGLの SDL_GL_FRAMEBUFFER_SRGB_CAPABLE 属性を追加

Mac OS X:
・Retinaディスプレイ用のサポートが追加されました:
 SDL_WINDOW_ALLOW_HIGHDPIフラグを使用してウィンドウを作成し、実際の描画可能なサイズを見つけるためにSDL_GL_GetDrawableSize()を使用します。あなたはスケーリングマウスと描画座標を適切にする責任があります
・フルスクリーンモードでマウスワーピングを修正
・マウスの右クリックはCtrlキーを押しながら左クリックでエミュレートされます

iOS:
・iOS7上でのステータスバーの表示を修正
・期待値と一致するように、加速度センサーのY軸を反転

 
Link:【Simple DirectMedia Layer – Homepage

Advertisement

コメントを残す