Mednafen 0.9.19 WIP をコンパイル

1月 31st, 2012 by Jazzin Leave a reply »

 Mednafen 0.9.19 WIP がリリースされました。今回のバージョンは configure.ac を書き換えたり、configure で --build=x86_64-apple-darwin10.0.0 を指定しなくても普通にコンパイルできるようになりました。PSのエミュレーションもデフォルトで有効になっています。早速起動してみたところ、50fpsしか出ていなかったSFCが60fps出るように、あとPSが実用的なスピードで動作しました。 詳しい更新内容は以下の通りです。

 
このリリースで特に注目すべきエンドユーザーに見える変更点:
- PSXエミュレーションを改善。
- ゲームボーイのシステムタイプ選択(しかしながら完全にDMGゲームでCGBを選択する場合のために実装されていません)。
- NESエミュレーションでは、iNESマッパー69の拡張サウンドエミュレーション精度が向上。
- 最近のデスクトップPCセットアップでより意味をなすデフォルトのビデオ設定。
- <system>.videoip 設定の新しい値を経由してピクセルシェーダを使用することなく一つの軸のみで補間するための実験的なサポート。
- 新しいピクセルシェーダ “autoip” と “autoipsharper”、そして異なるアルゴリズムの “ipsharper”、”ipxnotysharper”、”ipynotxsharper”。
- 新しいビデオストレッチモード “aspect_int” と “aspect_mult2″。
- 強制的に単純なvsyncを無効化できるよう “video.glvsync” 設定の意味論を変更。
- 新しい設定 “video.blit_timesync” を追加、そしてこれは警告ですが、最高1フレームでビデオ遅延を減らすために0をセットすることができます。
- サポートされている全てのエミュレートシステムで画面回転をサポート、そして回転ボタンを”F8″から”ALT+O”に再配置。
- サウンド出力レートの最大サポートを1048576Hzに増加。
- Win32ビルドは現在 gcc 4.5.4-prerelease(パフォーマンスを下げる可能性のあるメモリ配置の問題を回避するため、当分の間フラグ -mstackrealign 付き)でコンパイルされます。

次の設定は意味論および許容値を変更しました:
- <system>.pixshader
- <system>.stretch
- sound.rate
- video.glvsync
- 様々なPSXの設定。

次の設定が追加されました:
- gb.system_type
- video.blit_timesync
- wswan.language
- 様々なPSXの設定。

次の設定は名前が変更されました:
- command.rotatescreen – > command.rotate_screen

次の設定が削除されました:
- cdrom.lec_eval

 
Link 【Mednafen Forum: Development

Advertisement

3 comments

  1. Anonymous より:

    There is a new mednafen version – v0.9.19, and NekoLauncher v0.9.18 is not fully compatible with this new version.

  2. Anonymous より:

    I hope NekoLauncher v0.9.19 will come out soon…

  3. Jazzin より:

    The new NekoLauncher has already completed.
    I’m now debugging!
    Hold on, please.

コメントを残す