Archive for 2016年10月

SDL2 2.0.5 リリース

10月 30th, 2016

SDL_logo
 

 SDLライブラリ v2.0.5 がリリースされてました。今年の1月にv2.0.4が出たばかりですが、けっこうな量のアップデートですね。 詳しい内容は以下の通りです。
 

コードやフィードバックに貢献したすべての人々のおかげで、SDL2.0.5が利用可能になりました!

http://www.libsdl.org/download-2.0.php

多くのバグ修正とビルド改良に加えて、このリリースの主な変更点がここにあります:

一般:
* いくつかのプラットフォーム用のオーディオキャプチャのサポートを実装。
* オーディオキャプチャの為にバッファキューイングが ON になっている場合、オーディオを取得する為の SDL_DequeueAudio を追加。
* テキストをドラッグ&ドロップする為のイベントを追加。
* 複数のアイテムをドラッグ&ドロップする為のイベントを追加。
* デフォルトではウィンドウをライズしてクリックしてもSDLアプリケーションに配信されることはありません。あなたはそのウィンドウにクリックスルーできるようにするヒント SDL_HINT_MOUSE_FOCUS_CLICKTHROUGH を “1″ に設定することができます。
* アルファ情報をサポートした新しいBMP形式を使用して、BMPなどのアルファチャンネルで表面を保存します。古い形式を使用するヒントSDL_HINT_BMP_SAVE_LEGACY_FORMAT を “1″ に設定することができます。
* ヒントのboolean値を取得する SDL_GetHintBoolean() を追加。
* レンダリング出力をスケーリングするとき、スムーズスケールまたはビューポートサイズの整数倍を使用するかどうかを設定する SDL_RenderSetIntegerScale() を追加。
* 特定のピクセル形式でSDLの表面を作成する SDL_CreateRGBSurfaceWithFormat() と SDL_CreateRGBSurfaceWithFormatFrom() を追加。
* ウィンドウの使用可能な領域を返す SDL_GetDisplayUsableBounds() を追加。例えば MacOSXでは、メニューバーとドックの占有面積を減算した値を返します。
* クライアント領域の周りにウィンドウの境界線のサイズなどを返す SDL_GetWindowBordersSize() を追加。
* ウィンドウが SDL_HITTEST_NORMAL ではなくヒットテストを持っていたとき、ウィンドウイベント SDL_WINDOWEVENT_HIT_TEST を追加(例:タイトルバーやウィンドウフレーム内)。
* ウィンドウがサイズ変更可能であるかどうかを変更する SDL_SetWindowResizable() を追加。
* ウィンドウの透明度に影響する SDL_SetWindowOpacity() と SDL_GetWindowOpacity() を追加。
* 別のウィンドウ用にモーダルとしてのウィンドウを設定する SDL_SetWindowModalFor() を追加。
* SDL_MixAudioFormat() に AUDIO_U16LSB と AUDIO_U16MSB のサポートを追加。
* OpenGLのレンダラを使用するとき、ターゲットテクスチャからリードバックするときに画像が反転したのを修正。
* OpenGLのレンダラを使用するとき、SDL_BLENDMODE_NONE によるテクスチャカラーの変調を修正。
* いくつかのケースで、ブリット時にカラーキーのアルファ値が無視されたバグを修正。

Windows:
* SDLがネームスレッドにデバッガ除外を引き起こすことを防止するためのヒント SDL_HINT_WINDOWS_DISABLE_THREAD_NAMING を追加。この例外はデバッガの下で実行されている場合、.NETアプリケーションで問題が発生する可能性があります。
* ヒント SDL_HINT_THREAD_STACK_SIZE は現在Windows上でサポートされました。
* 起動時に自動的に引いた状態だったXBoxコントローラーのトリガーを修正。
* 実行ファイルからの最初のアイコンは、実行時にデフォルトのウィンドウアイコンとして使用されます。
* SDLがCライブラリのサポートによってビルドされたとき、SDLログメッセージが重複して印刷された問題を修正。
* SDLウィンドウがフォーカスを失ったとき、SDLアプリケーションで押されたデッドキーが他のアプリケーションのテキスト入力に影響を与えないようデッドキーをリセット。

Mac OS X:
* ダミービデオドライバの選択を修正。
* caps lockキーは現在、プレス/リリースイベントのペアが押される代わりに、押した時にプレスイベントが、放した時にリリースイベントが発生します。
* MacOSX 10.12上でのマウスホイールイベントを修正。
* MacOSX の新しいバージョンとの互換性を高めるためオーディオドライバーは AVFoundation を使用するように更新されました。

OpenBSD:
* OpenBSD上に SDL_GetBasePath() を現在、実装した。

iOS:
* iOS8以降に動的にロードされたオブジェクトのサポートを追加。

tvOS:
* Apple TVのサポートを追加しました。
* Apple TVのリモコンのジョイスティック軸が自動的にリモートの回転と一致するかどうかを制御するためのヒント「SDL_HINT_APPLE_TV_REMOTE_ALLOW_ROTATION」を追加。

Android:
* Androidの画面解像度を変更した時、SDLでウィンドウサイズが変更されない問題を修正。
* 加速度計のジョイスティックZ軸レポートを修正。

Emscripten(Webブラウザ上で実行されています):
* 多くのバグ修正と改善。
 

Link【Simple DirectMedia Layer – Homepage