Archive for 2015年9月

openMSX 0.12.0 リリース

9月 18th, 2015

OPENMSX0120

 MSXエミュレータ openMSX 0.12.0 がリリースされました。公式サイトのURLが openmsx.org に、ソースコード用のファイルサーバーが sourceforge.net から github.com に引っ越したようです。 更新内容は以下の通りです。

 
これは以前のリリースに組み込まれた変更点の概要です。

openMSX 0.12.0(2015年9月12日)
—————————

これは(主に)バグ修正リリースになる予定でした。しかし最終的に我々はGrauw氏によって多くのMIDIデバイスを追加する気にさせられました。そして、我々はこの10ヵ月何を変更したかを見直しました、我々はまた何人かの助けによって多くの新しいマシン構成、そしてセンサーキッドや(実験的な)Beer IDEエミュレーションのような幾つかの楽しいものを追加することが出来ました。エミュレーター特徴カテゴリーには、トリプルサイズのビデオ録画、幾つかのTAS強化と速すぎるVRAMアクセスに対してコールバックのようなものをあなたに提供します。
では、この「さまざまな特徴とバグ修正」リリースをお楽しみください!

以下は、全てのハイライトと詳細のリストです:

MSXデバイスのサポート:
- turboR上での(S)RAMの書き込みを修正
- スクリーン11/12における境界線の色を修正
- SDカードエミュレーションのいくつかの詳細を修正(FUZIX氏が発見)
- sprite-mode-1の描画でクリッピングバグを修正
- AVT DPF-550 エクステンションをopenMSXで使用するとクラッシュする問題を修正。
- 8kB RS-232C ROMs のサポートを修正(唯一の正しいサイズです!)
- マウスのジョイスティックモードのエミュレーションを修正。
- 壊れた MegaFlashROM SCC+ を修正(openMSX 0.11.0で導入された)
- トラックボールの動作エミュレーションを改善、それはJoyTestで実際のハードウェア上のように検出できるようにします。
- タッチパッドのジョイスティックピンを修正(JoyTestでの検出を修正)
- PSGに対するSFG-01/05のボリュームを微調整。
- Panasonic FS-A1WSX / WX の変異体に MSX-MUSICマッパーを追加。
- 適切なYM2148エミュレーションを追加(Yamaha SFGモジュール用の MIDI in/out)
- 適切なMC6850エミ​​ュレーションを追加(Philips Musicモジュール用の MIDI in/out)
- FAC MIDIインターフェースのエミュレーションを追加
- 武田氏の共通ソースコードプロジェクトに基づく yayaMSX2SKから移植されたセンサーキッドのエミュレーションを追加。
- BeerIDE エミュレーションを追加(実験的)
- 多くの新しいマシンを追加:Canon V-25 (Rudi Westerhofに感謝), Canon V-8,
Fenner/Samsung SPC-800, Hitachi MB-H1, Toshiba HX-10D (Ricardo Jurcyk
Pinheiroに感謝), Canon V-10, Canon V-20 (JP), Spectravideo SVI-728 (ES),
Mitsubishi ML-TS2 (部分的でまだ未完成), Sony HB-101 (JP), Sony HB-201 (JP),
Sanyo MPC-6, Mitsubishi ML-F120, ML-F110, Hitachi MB-H3 (Werner Kaiに感謝),
Yamaha AX350IIF (Rudolf Gutlichに感謝)

新規または改良されたエミュレータの機能:
- 「too_fast_vram_access_callback」を追加:実行中のMSXソフトがVRAMに非常に速くアクセスするとき(例えば デバッグにブレーク)、あなたは現在 Tclスクリプトを実行することができます。
- TASモードで「ムービーの長さ」表示を追加。もしあなたが tasvideos.org にアップロードする場合、これはあなたの「ムービー」の長さです。
- ビデオレコーダーに-triplesizeを追加:YouTubeに60fpsでビデオレンダリングするために、960×720ピクセルでビデオファイルを作成できます。
- キーボードマッピングの一部を修正。
- エミュレーション速度が非常に低いときに遅くなるコンソールを修正。
- 保存する時にOMRへ「終わり近く」のスナップショットを追加、それをロードした後にリプレイのより速い継続を可能にします。
- 同様に、ターゲット時間まで早送りする時にスナップショットを追加、それはより速くジャンプバックするために使用することができます。
- viewonlyモードでリプレイ再生すると、緑色の中にリバースバーが表示されます。
- より簡単にopenMSXの外でOMRを編集(OMRからテキスト、またはその逆)することができるコンバータを追加。
- リプレイの「auto-save」機能の実装を改善:設定は現在 openMSXセッション上に保持されます。
- メタルギア用のOSDオーバーレイを追加しました。

ビルドシステム、パッケージング、ドキュメント:
- Windows上で mingw32 ビルドサポートを MinGW-w64 ビルドサポートに入れ替え。
- 当社のウェブサイトおよびその他のURLを http://openmsx.org/ または GitHub を指すように更新しました。
 
 
Link 【openMSX » Home