Archive for 2015年4月

Mednafen 0.9.38.4 リリース

4月 17th, 2015

B-WINGS

 マルチシステムエミュレータ Mednafen 0.9.38.4 がリリースされました。 v0.9.38 になってから暫くMac上でコンパイルできませんでしたが、今回のバージョンから普通にコンパイルできるようになりました! 更新されたXcodeの影響かもしれませんが… とりあえず環境は次の通りです

Mac OS X 10.10.3 / Xcode 6.3 Apple LLVM version 6.1.0 (clang-602.0.49) (based on LLVM 3.6.0svn)

 Mednafenのコンフィグに新しい設定や変更が無いようなのでランチャーのリリースはありません、主な変更内容は以下の通りです。

 
このリリースでユーザーの目に見える変更:
多種多様なデバッガのバグ修正と調整

NES:変更されたマッパー185エミュレーションは、以前から動作してなかったすべての既知の商業的にリリースされたマッパー185ゲームを修正。
PCE:いくつかの自作ソフトを壊した0.9.16-WIP辺りで導入されたVRAM DMAエミュレーションのバグを修正。
PS1:チートは現在ゲームのベースファイル名に関連付けられています(以前にコメントとしてpsx.chtファイルに書き出されました、しかし現在はより多くの何かのために使用されています)。以前(そして現在は他のエミュレートされたシステムで)、チートはゲームの「ID」だけに結び付けました。しかしながら、MednafenのCD ID計算コードは欠陥があって不十分です、特にシングルトラックのゲームでは、PS1の膨大なゲームライブラリで多くの衝突につながります。(根本的な問題、悪いCD ID計算は将来のメジャーリリースで修正されるでしょう)
PS1:GPUのテクスチャキャッシュエミュレーションを改善;「タイガーシャーク」のメニュー画像の不調を修正します。
SNES:非ゲームパッドコントローラ(例えばマウス)が現在ポートに選択されているとき、仮想リセット/パワートグルイベントを起こした後に入力を中断していたバグを修正しました。

 
Link【Mednafen – Multi-system Emulator

DeSmuME v0.9.11 リリース

4月 16th, 2015

DeSmuME_v0911

 NintendoDS エミュレータ DeSmuME v0.9.11 がリリースされました。久しぶり(1年5ヶ月)に公式アップデートされましたね、今回はCocoa用にいろいろとアップデートされているようです。特にマイクが使えるようになったのが大きいでしょうか、主な更新内容は以下の通りです。
 

0.9.10 -> 0.9.11(r4908-r5146)

 このバージョンで我々はCocoaフロントエンドに焦点を当てていますが、長い間にわたって幾つかの良いコア修正が行われています。特に「0.9.10を使わないでください」というアドバイスの結果として生じるセーブ関連の問題は解決されました。

一般/Core:
バグ:これまでセーブすることができなかったゲームを多数修正。
バグ:幾つかのブートシナリオとその他の物事の間違ったボリュームが原因で幾つか不足したサウンドエフェクトを修正。
バグ:小さなループ音が原因のフリーズを修正。
バグ:多くのビッグエンディアン問題を修正。
バグ:明らかに滅多に使用されない幾つかのCPU命令、知られていない結果を修正。
バグ:いくつかのGPUレジスタの(ブロック)読み込みを修正。
バグ:アクションリプレイコードタイプ 0xE を修正。
バグ:ROMの最後の4バイトの読み込みを修正。
バグ:GDBスタブの安定性が大幅に向上。
バグ:OpenGLレンダラーでW-バッファサポートをサポート。
バグ:w=0からのいくつかの3Dシーンで予測不可能なクラッシュを修正。
拡張:間違ったサイズ情報がヘッダーにあるROM(悪いパッチ)のより良いローディング。
拡張:「ディスクからロード中のROM」が機能不全を引き起こしたとき、時々ユーザーに警告。
拡張:xBRZフィルターを追加。
拡張:一部のゲームでテキストレンダリングを改善するソフトウェアラスタライザの「TXT Hack」を追加。

Cocoa:
バグ:16ビットから32ビットカラー空間への変換はもうビデオや画像を暗くしません。
バグ:アプリの起動時にロードするユーザーデフォルトによる断続的な問題を修正。
バグ:アプリのディスプレイ設定でビデオプレビューの不正確なレンダリングを修正。
バグ:OS X Yosemite で様々なUIフォントレンダリングとテキスト配置の問題を修正。
バグ:N-sync と Z-sync 方式でのバリバリ音を修正。
拡張:P-Syncメソッドよりも非常に低いレイテンシ(遅延時間)を有しているため、N-Syncメソッドをデフォルトのサウンド同期メソッドとして作成。
拡張:GDBスタブ (Tools > Show GDB Stub Control) のサポートを追加。(dev+ビルドターゲットを使用したビルドカスタムでのみ使用可能)
拡張:CPUの使用を少なくするように入力処理を最適化。
拡張:アプリがアイドル状態のときにAppNapのサポートを追加。(OS X Mavericks 以降のみサポート)
拡張:現在 コマ送りと早送りコントロールで、実行制御パネルを追加。(Emulation -> Show Execution Control)
拡張:オートフレームスキップは現在スムーズです。
拡張:実行タイミング精度をさらに改善。
拡張:全体的なビデオ性能が向上。
拡張:3段階のフィルタリングパイプラインを介して映像をレンダリング (Video Source)–>(Pixel Scaler)–>(Video Output)
拡張:以下のビデオソースフィルタを追加 – Deposterize
拡張:以下のビデオ出力フィルタを追加 – Bicubic B-Spline, Bicubic Mitchell-Netravali, Lanczos2, Lanczos3
拡張:CPUまたはGPUのどちらかで、既存のすべてのピクセルスケーラーを実行する機能を追加。
拡張:メインとタッチ表示位置を切り替える機能を追加。(View -> Toggle All Displays)
拡張:ターボとオートホールドのサポートを追加。
拡張:スロット-2デバイスのスイート全体のサポートを追加。(Emulation -> Show SLOT-2 Manager)
拡張:NDS用マイクをエミュレートするためにホストマシンのオーディオ入力デバイスを使用するサポートを追加。(Emulation -> Show Microphone Settings)
拡張:100Hz-5000Hzから40Hz-4000Hzに正弦波トーン発生器の範囲を変更。
拡張:メニューオプションをより論理的な場所に整理。
拡張:より近代的かつ空間効率的なルック&フィールでファイル移行アシスタント(現在はゲームデータ移行アシスタントに改名)とROM情報パネルを大いに改善。
拡張:その他、ユーザーインターフェースの改善

 
Link 【DeSmuME

X68kエミュレータ XEiJ 0150330

4月 7th, 2015

XEiJ_0150330
 
 Java製 X68000エミュレータ XEiJ 0150330 リリース、サイトのアドレスが(http://stdkmd.com/xeij/)に変わったようです。Ver0.15.03.30 から『推奨する Java SE のバージョンを 8u40 (1.8.0_40) 以上に更新』ということで、MacOSXの最新版 Java バージョン8更新40(ビルド1.8.0_40-b26)で起動できるか試してみました。

java8

 無事起動しました、動作が不安定なのかサウンドが波打ってますが問題なさそうです。

Link【XEiJ (X68000 Emulator in Java)

MAME Launcher v3.4 リリース

4月 1st, 2015

edit2

 
 MAME用ランチャー「MAME Launcher v3.4」をリリースしました。今回のバージョンで MacMAME と MAME OSX のサポートを終了したいと思いますので、ここで一区切り。Ver3.4の主な変更点は「前回のバージョンのバグフィックス」と「各ゲームごとにオプションを指定する Option 機能の追加」です。 詳しくは付属の「はじめにお読みください」を読んでください。

 その他の更新内容は以下の通りです、何か不具合などありましたらお知らせください。

 
■ 2015/4/1 (Ver 3.4)
・コアデータ用ファイルをMAME 0.160用のゲームリストに更新
・メニュー「Veiw」に Title snapフォルダ と Game Flyersフォルダを追加
・メニュー「Veiw – ROMsフォルダ」のアクションを変更(ROMファイルを選択しない)
・メニュー「Veiw – Snapフォルダ」のアクションを変更(Snapファイルを選択しない)
・メインウインドウのアイコンボタンのヘルプを修正
・メインウインドウの Type: の表示位置を変更
・コンテキストメニューに「ROMファイルをFinderで表示」を追加
・コンテキストメニューに「SnapファイルをFinderで表示」を追加
・コンテキストメニューの「画像を表示」で、画像の拡張子を表示
・コンテキストメニューの「画像を表示」で、画像のDPIを無視
・Preferences 「一般」と「サポート」にSelectボタンを追加
・Preferences 「一般」と「サポート」のアイコンボタン処理を変更
・Preferences「I/Oポート」のコマンドラインオプションを更新
・Preferences「I/Oポート」のMAMEファイル出力を更新
・Preferences「I/Oポート」の幾つかのコマンドラインオプションを修正
・SearchField に「Parent」を追加
・Histry.bat や Mameinfo.bat を変更しても更新されなかった問題を修正
・Histry.bat や Mameinfo.bat で UTF-8以外の文字コードに対応
・英語の history.dat 表示を少し修正
・英語の Mameinfo.bat に対応
・Utility にSelectボタンを追加
・Utility のアイコンボタン処理を変更
・各ゲームごとにオプションを指定する Option 機能を追加
・Favorites Edit ウインドウにOption:テキストフィールドを追加
・Favorites Edit ウインドウからの起動を追加
 
 
Link 【Softwareページ