Archive for 2014年8月

CocoaMSX 1.40 リリース

8月 29th, 2014

hinotori_hououhen

 MSXエミュレータ CocoaMSX 1.40 がいつの間にやらリリースされてました。ウィンドウの下部にステータスバーが付いてディスクやキーボード用のLEDが付きました、邪魔な場合はメニュー [View] の Show Status Bar「⌘/」で隠すことができます。 更新内容は以下の通りです。

 
CocoaMSX バージョン 1.40

新機能および強化された機能:

・ディスクやカセットをサポートしていないシステム用に利用できなかった最近のディスクと最近のカセットオプション。
・エミュレータウィンドウのタイトルバーに実行しているマシンの名前が表示されます。
・クイックセーブ/クイックロード(最後に保存した状態)- Option+Command+S や Option+Command+L を押すと最後にロードされた状態を再セーブ/再ロードする。
・ステータスバーに次のLEDが追加されました:Power, Pause, Ren-Sha Turbo (Joystick auto-fire), Caps Lock, Code (グラフィックキー), Cassette I/O, FDD0 と FDD1 I/O。
・ステータスバーに連射スライダーを追加。
・マシンセレクターを改良、インストールス状態や機種や検索でフィルタリングできます。
・blueMSXエミュレーションコアを最新のバージョンに更新。
・フレーム毎秒カウンタは、現在 メニュー[View]からオプションで有効にできます。

バグ修正:

・国際版や古いバージョンのOSXでは、他のすべての様にApp Dataの場所を使用する必要があります。
・マシンがシャットダウンされると環境設定が開かない。
・Caps Lockを実装、Insertキーは現在使用可能です。
・ファイルから起動するとクラッシュする問題を修正。

Link【pokebyte/CocoaMSX · GitHub

Mednafen 0.9.36.3 リリース

8月 4th, 2014

wonder_momo

 Mednafen 0.9.36.3 がリリースされました。今回はちょっとしたバグフィックスだけですね、設定の変更はないようなのでランチャーの更新はありません。更新内容は以下の通りです。

 
 今回のマイナーリリースは、主にスタートアップ時に特定のエラーが発生した場合、PCEエミュレーションでバッテリーバックアップされたセーブゲーム・メモリファイルが損失する可能性があるバグを修正することです。(全てのものを設定した後、通常の使用で発生する可能性は低い)

- 0.9.36.3: –

2014年8月3日:
NGP:フラッシュの汚いブロックリストコード内の潜在的に悪用可能なオーバーフローバグを修正。
PCE, PCE_FAST:ゲームロードや初期化中にエラー(例えば、CD BIOSの欠落、メモリ割り当ての失敗など)が発生した場合、バッテリーバックアップされたセーブゲームファイルの破壊を引き起こしたバグ(エラーのずさんな取扱いによる)を修正。
PSX:PSFの再生/PS-EXEの実行時にセーブステートを使用するとクラッシュするバグを修正。

 
Link 【Mednafen – Multi-system Emulator