Archive for 5月 13th, 2014

Mednafen 0.9.34.1 リリース

5月 13th, 2014

mednafen0.9.34.1
 
 Mednafen 0.9.34.1 がリリースされました、また細かいバージョン付けてますね… 今回は地味に設定変更が多いので、ランチャーの更新も少し時間が掛かります。更新内容は以下の通りです。

 
このリリースのハイライトは次の通りです:

・シンプルな非インターレースを選択できる「video.deinterlacer」設定を追加。現在、全ての非インターレーサは内部設計の決定するために、厳密には必要ではない場合(例えば「bob」や「bob_offset」のように)でも、内部的に(ノンインタレースモードと比較して)縦倍角のビデオになりますので注意してください。
・負数の “<system>.scanlines”設定値を可能にします、”weave” 非インターレーサー(デフォルト)で使用した場合、前フィールドのラインをマスクするために走査線を構築します。
・ジョイスティック軸をライトガンのスクリーン座標にマッピングするサポートを追加。(詳細についてはApril 28のChangeLogを参照)
・libmpcdecの内部コピーを更新;MusepackSV7ファイルの読み込み/再生(CDエミュレーションによる)を修正。
・Windows Vista とそれ以降で利用可能(デフォルトではない)な、新しい共有モード WASAPI サウンドドライバ。「wasapish」と命名(”sound.driver”設定を介して選択することができる)

GB:独立したBGP、OBP0、OBP1カラーを指定するカスタムパレットのサポートを追加。
GB:MBC7サポートを修正。(仮想ポート2の傾斜センサー)
GB:HDMAオーバーヘッドの壊れたシミュレーションを非使用。
GB:いくつかのゲーム(「Best of the Best Championship Karate」のような)で、Mednafen自身がクラッシュするメモリマッパーコード内のいくつかの問題を修正しました。
PC-FX、VB:SoftFloat(ライセンスが懸念される為)に代わる新たなFPUエミュレーションコード;ゲームの互換性は影響を受けません。
PS1:PS1アナログスティックと現代のPCゲームパッドのアナログスティックとの間の範囲の違いに起因する問題を回避するために、アナログスティック軸の値のスケーリング(そして固定)を可能にするための設定を追加。

新しい設定:
 video.deinterlacer
 psx.input.port*.analogjoy.axis_scale
 psx.input.port*.dualanalog.axis_scale
 psx.input.port*.dualshock.axis_scale

意味論またはデフォルト値が変更された設定:
 sound.buffer_time
 <system>.scanlines
 
 
Link【Mednafen Forum: Development