Archive for 2013年9月

NekoLauncher Mednafen 0.9.32 [Build 30] リリース

9月 19th, 2013

nl30

 mednafen用のランチャー「NekoLauncher Mednafen 0.9.32 [build 30]」をリリースしました。
0.9.31-WIPから追加された -physcd オプションに対応しました …と言っても libcdio のバグの関係でMacでは正常に動かないんですけどね。詳しい更新内容は以下の通りです。

 
mednafen 0.9.32-WIP :
このリリースでは、少なくとも二つのPS1ゲームで0.9.31-WIPでの互換性回帰を修正します。
PSX:GPUインターレースおよびダブルハイトモードのエミュレーションコードを少し作り直し:「iS internal section」と「The Next Tetris」のロックアップを修正。
 
NekoLauncher Mednafen
■ 2013/9/19 Ver 0.9.32 [build 30]
・Mednafen 0.9.31/32-WIP に対応
・CDをロードする引数 -loadcd を -physcd に変更
・「Boot from a physcal CD」パネルを追加、以前の Boot system パネルは廃止
・Preference「General」のビデオドライバ:に overlay を追加
・Preference「Misc」に stdout key: を追加
・PCEの設定名「Enable dynamic ADPCM lowpass filter」を変更
・PSの設定名「Input device for Virtual Port 1~8」を変更
・PSの設定名「psx.input.pport1.multitap」「psx.input.pport2.multitap」を変更
・拡張子 CCD/SUB/IMG 形式をサポート
・コードを少し整理
 

Link 【Softwareページ

Mednafen 0.9.31-WIP リリース

9月 8th, 2013

HyperFighting
 
 マルチシステムエミュレータ Mednafen 0.9.31-WIP がリリースされました。今回は早かったですね、ほとんどがPS1への更新となっています。しかしver 0.9.30はどこへいったのやら? 主な更新内容は以下の通りです。
 

特に注目すべき変更点は次の通りです:

・実験的な CloneCD のCDイメージをサポート。CCD/SUB/IMGファイル名のベース部分は一致している必要があり、そしてファイル拡張子が(大文字または小文字のように)一致する必要があります。インターネット上で出回っている多くのCloneCDフォーマットのリッピングには使用できないゴミQサブチャネルデータがあります(私には分からないが、不完全なリッピングソフトウェアまたは不完全なドライブから)、それが検出されたときMednafenはそのようなRIPを使用することを拒否します(検出は保証されませんが)。
・PS1 CPUエミュレーションタイミング精度が向上:「ファイナルファンタジー タクティクス」「バトルアリーナ闘神伝」「ZERO DIVIDE」「NBAジャムエクストリーム」「タイニートゥーンアドベンチャーズ – Pluckyの大冒険」「Eldergate」「Ballblazer Champions」「とんでもクライシス!」の問題を修正。
・その他のPS1のバグ修正:「テトリス wish カードキャプターさくら」「Arcade Party Pak」「クラッシュ・バンディクー レーシング」の問題を修正。
・PS1 MDECデコーディング IDCTコードを最適化。
・PS1マルチタップエミュレーション精度を改良:マルチタップが有効になっているときに「テイルズオブ〜」ゲームが正しく動作します。
・PS1マルチタップ・エミュレーションが有効にされるときより多く認識させる為に、仮想ポートのマップ方法を変更。詳細については、PSXモジュールに含まれているドキュメントを参照してください。
・バーチャルボーイのノイズエミュレーション精度を改良:「Hyper Fighting」でデジタルサンプル再生を修正。
・コマンドラインオプション “-loadcd” は使えなくなりました、そしてコマンドラインオプション “-physcd” を追加。

 
Link 【Mednafen – Multi-system Emulator