Archive for 2011年12月

マルチディスプレイ環境での問題

12月 15th, 2011


 
 メモリと一緒に PLANEX の Mini Displayport to DVI端子変換アダプタ (PL-MDPDV02) を購入しました。Apple製のDVIアダプタは3,400円とかなり高額ですが、PLANEXのアダプタは Amazonで1,318円とApple製の半額以下で買えました、やっぱり純正品は高いですね。
 ともあれ、これで念願のマルチディスプレイ環境になりました!メインのモニタで作業をしながらサブモニタ側で動画を見たりゲームなんかをフルスクリーン表示にして快適にプレイ出来るぞ〜!! と思ったんですが、少々問題があるようです。

 まずオーディオ出力ポートがにプラグが接続されているとHDMIからサウンドが出ません。これはOSXの仕様らしく、Macからオーディオプラグを外せばHDMIへ出力できるようになるのですが、切り替える度にいちいちコードを外すのは面倒です。もう一つ、MacOSX 10.7 Lionのフルスクリーン機能を使うとメインモニタがフルスクリーン化されサブモニタ側は非表示となってしまいます(逆ができない)。これではマルチディスプレイの意味が無い様な、本当にただのサブモニタですね(泣。 一応アプリケーションが対応していればサウンドや画面をサブモニタ側で鳴らしたりフルスクリーン化したりはできるんですけど、ちょっと残念な仕様でした。

Link 【Apple Store】【Amazon】【Apple Support

Mac mini のメモリを8GBに増設

12月 12th, 2011


 
 メモリがあまりにも安かったので Transcend の 8GBkit (4GBx2) メモリを購入、Amazonで 2,980円(送料込)でした。普通に使う分には初期の4GBでも十分なんですが、Xcodeを起動すると大量にメモリを消費するので困ってたんですよね。
 

 取り付け完了、無事認識しました。取り外したメモリ(2GBx2)がちょっと勿体ないですね。

Link 【価格.com

サターンエミュレータ Yabause 0.9.11

12月 1st, 2011

 サターンエミュレータ Yabause 0.9.11 のMac版(コンパイル済み)がリリースされました。
前回のリリースから約2年半ぶりの更新ですね、ちょっと試してみましたが相変わらず動かないゲームは今回も動きませんでした。 更新内容は以下の通りです。

一般:
・現在デフォルトのビルドシステムとしてCMakeを使用します
 今のところ autotoolsベースのビルドと「カスタム」ビルドシステムはまだサポートされます
・新しいCocoaポート
・x86とARM用のダイナミックリコンパイリングSH2コアを追加
・新しいSCSPの実装
・yabause-rrチームからソフトウェアレンダラーのメジャーアップデート
・キャッシュからの実行を許可するオプションを追加
・OpenGLレンダラーの改良
Carbon ポート:
・改善
GTK ポート:
・フレームスキップ/制限 を 有効/無効 にするコマンドラインオプションを追加
・セッティングに フレームスキップ/制限 のコンフィグを追加
・--autoload コマンドラインオプションを追加
PSP ポート:
・メディアエンジンCPUのサポートを追加
・PSPポートの改善
Qt ポート:
・コマンドラインサポートを追加
Wii ポート:
・wiibrewフォークから主にSH2エミュレーションに関連する幾つかのものを結合
Windows ポート:
・XBOXコントローラードライバーを修正
・「open iso then cancel bug」を修正
 
Link 【Yabause – Sega Saturn Emulator