Archive for 2011年9月

Supermodel v0.2a をコンパイル

9月 26th, 2011

 SEGAの Model 3 エミュレータ Supermodel v0.2a がリリースされたのでコンパイルしてみました。バージョン0.2aでは Model3 のゲーム40本の内、23本がプレイ可能となっています。まだ動作が遅かったり、グラフィックに問題があったりするようです。コンパイルには OpenGL2.1以降とSDLライブラリが必要、GLEWはソースに含まれているのでインストールしなくてもいいとの事。

$ cd /Users/Jazzin/Supermodel_0.2a_Src
$ make -f /Users/Jazzin/Supermodel_0.2a_Src/Makefiles/Makefile.SDL.OSX.GCC

作業は1分ほどで終了(速!

 早速「バーチャファイター3」を起動してみました。動作は軽くCPUにも余裕がありますが、フレームが安定しませんね。グラフィックもバケバケで画面がよく見えませんでした。次に「ファイティングバイパーズ2」を起動、動作が少し遅い(Slow)ですが、こちらはグラフィックが化けずに表示されました。


 
Link 【Supermodel: A Sega Model 3 Arcade Emulator

Mednafen 0.9.18-WIP をコンパイル

9月 13th, 2011

 ずっとエラー続きでしたが、やっと Mednafen 0.9.18-WIP がコンパイルできました。
フォーラムのコメントにある通り configure.ac の102行目

 AX_CFLAGS_GCC_OPTION([-fno-strict-overflow], OPTIMIZER_FLAGS) を
 AX_CFLAGS_GCC_OPTION([-fwrapv], OPTIMIZER_FLAGS) に変更

そしてコンフィグのオプションに --build=x86_64-apple-darwin10.8.0(または10.0.0)を追加すると make できるようになります。

例 ./configure --without-SDL_net --without-libcdio --without-libsndfile --disable-jack --disable-debugger --build=x86_64-apple-darwin10.0.0 --enable-psx

 Mednafen 0.9.18 では(nes snes gb gba pce pce_fast lynx md pcfx ngp psx vb wswan sms gg cdplay)の14ハードに対応、一応 新しく追加されたSNESを起動してみましたが… 動作が重くて使い物になりませんでした。

Link 【Mednafen Forum: Development

PSPエミュレータ JPCSP 0.6.2298 を試す

9月 4th, 2011

 PSPエミュレータ JPCSP 0.6.2298 がリリースされていたので試してみました。
まずはメニューのオプション – 設定(Configuration)を開いて「UMDフォルダのパス:」を設定し、ゲームのイメージファイルを指定のフォルダに置きます。次にメニューの File – Load UMD からゲームを選択、実行(Run)ボタンでゲームを起動します。ざっと確認してみましたが、どれもUMDのロード中にそのまま動かなくなるゲームが多いですね。気になった点をいくつかまとめてみました。

・動作はそれほど重くない(Intel i5 CPU使用率約50%くらい)、互換性はまだまだ。
・ゲームによってはボリゴンが暗くなる、透明処理がおかしい、画面に表示されない 等。
・MPEGビデオには未対応、それ形式のサウンドも鳴らない。
・リセットするとフレームが1FPSに固定される(?)またはポーズ状態のままになる(要再起動)。
・インターフェイス(UMD Iso/Cso ブラウザ)の表示がおかしい。
・Configurationの言語変更は再起動が必要。
・USBジョイスティックは選択できるが反応しない。

まだ全体的に作りが甘い気がしますね、今後の開発に期待します。

Link 【JPCSP : Java PSP Emulator