Archive for 2010年5月

Mednafen 0.8.D リリース

5月 31st, 2010


 マルチシステムエミュレータ「Mednafen 0.8.D」が正式にリリースされました。0.8.D-rc1から幾つかバグを修正しただけのようですね。『0.8.Dに回避策がない程の重要なバグが発生しない限り、これは 0.8.xブランチの最終的なリリースになるでしょう。』との事。
 0.8.D-rc1 以降の変更については以下の通りです。

SMS:セーブステートで保存されていなかった幾つかのステートは現在、SMS/GGゲームでのネットプレイ・デシンク問題を修正する筈です。
ネットワークプレイコードの遠隔利用が可能な(悪意のあるサーバーに接続した場合)スタック操作のバグを幾つか修正。
pce/adpcm.cpp の不正確なオブジェクト作成バグを修正。
NES:セーブステートに欠落していたCPUエミュレータ変数を追加。
PCE:セーブステートに欠落していたCPUエミュレータ変数を追加。

Link 【Mednafen – Multi-system Emulator】

C-BIOS 0.24 リリース

5月 31st, 2010

 MSXエミュレータ用のコンパチブルBIOS「C-BIOS」がアップデートされました。
『このソフトウェアは、MSXエミュレータを実行するために使う代替のBIOSです。それは現在カートリッジイメージ(ROM)の実行のみをサポートします。使用する前にあなたはライセンスを読んで承諾しなければなりません (doc/cbios.txt を参照)。
 C-BIOSウェブサイトに関して。あなたはより新しいバージョンをダウンロードでき、ソースコードをダウンロードし、バグを報告することができます。』との事。
 詳しい更新内容は以下の通りです。

・VRAMサイズは現在適切にチェックされます、R-TypeのV9938検出を修正。
・C-BIOSはもう割り込み頻度について嘘をつきません。
・ROMが見つからないとき停止しません、openMSXの警告は混乱させるかもしれません。
・幾つかのマイナーなバッグフィックスと調整。

Link 【C-BIOS Association】【SourceForge.net】

MESS 0.138 をコンパイル

5月 25th, 2010

 MESS 0.138 がリリースされたので早速オフィシャルサイトからソースをダウンロードしてコンパイルしてみました。ソースを解凍してみると… あれ makefile がない。SDLMAMEはMAMEと統合されたのに MESSの方はまだなのかな? そういえばSDLMAMEからMESSをコンパイルできたよな。という事でMAMEのソースをダウンロードし、mess0138sのソースファイルをmameフォルダの中に上書き保存。ターミナルからターゲットをMESSに設定してコンパイル開始「make TARGET=mess」。1時間半程度で終了、特に問題なく実行できました。

Link 【The Official MESS Home Page】【MAME】

かたわ少女 Act 1 v3.0

5月 21st, 2010

 同人ゲーム「かたわ少女」のVer3.0がリリースされ日本語対応となりました。これでやっと詳しいゲーム内容が分かりますね、翻訳は日本人がやってるのかな?

Link 【Katawa Shoujo】【萌えニュース(・∀・)】

DeSmuME 0.9.6 リリース

5月 19th, 2010

 NintendoDS エミュレータ「DeSmuME 0.9.6」がリリースされました。『このリリースは Homebrew(自作プログラム)の開発者にとって、興味深い特徴とエミュレーション・バグフィックスに焦点を合わせます。ほとんどのユーザーは互換性が大幅に増強されたと分かるでしょう。
 幾つかのセーブファイルは壊れたCRCロジックを使用するため、無効にされるかもしれません。このバージョンのエミュレータを使用する前に、DSVファイルのバックアップをとってください。そうでなければゲームはそれを上書きするかもしれません。
 OSX、gtk、cli、gtk-glade フロントエンドのユーザーは、現在 コンフィグファイル、セーブ、セーブステート用の共有ディレクトリが ~/.config/desmume にあることに注意してください。古い .desmume.ini は自動的に config に移動されますが、セーブファイルは手動で移動させなければなりません。』との事。

Link 【DeSmuME – Nintendo DS Emulator】

DeSmuME SVN版をコンパイル

5月 19th, 2010

 DeSmuME SVN版(3648)のコンパイルに成功。オフィシャルページにある desmume-0.9.5 のソースをコンパイルしようとするとコンフィグでエラー「configure: error: Antigrain library is required to build desmume」となって止まってしまうのですが、最新のSVN版では何とかコンパイルできました。まあ、相変わらず家の環境では動作が重くて(グラフィックもおかしい)まともに動かないんですけどね。

Link 【sourceforge.net】【libglade】

Emulator Enhancer と ViBE をアップデート

5月 14th, 2010

 バーチャルボーイエミュレータ「ViBE」とエミュレータ用のプラグイン「Emulator Enhancer」がアップデートされました。『Emulator Enhancer をv2.3.2にアップデートしました。このリリースの主な変更はeSellerateライブラリのアップデートです。それは私の登録ユーザーが経験した幾つかのマイナーな問題を修正します。また、新しいビルドは8つ以上の保存用ゲームフォルダのサポートを追加します。次のBSNESアップデートで必要となる変更で、うまくいけば次週リリースされるでしょう。このアップデートが MacOS X 10.4 (とそれ以下) ともう互換性がない点に注意してください:それはAppleのせいです!
 一方、ViBE は最後のゲームと言われる「Bound High」をサポートするために、再び更新されました。また私は3Dグラスを使わずにプレーしたい人の為に、片目のみをレンダリングするサポートを追加しました。』との事。

Link 【Richard Bannister】

Keymatrix ウインドウ

5月 8th, 2010


 
 キーマトリクスウインドウを追加、keymatrixの仕組みがようやく分かった。rowの値は行番号(0〜11)で、maskの値は列の番号(0〜7)なのかと思ったら違った… 各ボタンが 1bit になっていて Onで1に、Offで0になるみたい。で、「7&」キーを押した場合 row 0 行の bit は2進数で「10000000」となり、これを16進数で表すと「0×80」となる訳ですね、なるほど。