Archive for 3月 13th, 2010

MAME 0.137 リリース

3月 13th, 2010


 
 MAME 0.137 がリリースされました。予定通りMAMEとSDLMAMEのコードが統合され、Macでもオフィシャルのソースコードから直接ビルドできるようになっています。

『重要事項:MAMEのこのリリース関して、システムの周りの幾つかの重要なものが変更されました。この新しいバージョンをコンパイルする前に以下の項目を読んでください。

1. 現在 GCC4.4.3プレリリースをベースにしたWindows版の新しいツールチェーンが必要です。http://mamedev.org/tools に行って新しいツールを手に入れてください。0.137に含まれるコードは、古いツールでビルドできません。新しいツールチェーンでは、ビルトインDirectXヘッダーおよびC++のサポートと同様に、GCCで64ビットMAME構造をビルドするサポートがあります。それは古いツールには見当たりませんでした。

2. Windows版MAMEの非ユニコードビルドはもうサポートされません。makefileでこれをオフにするオプションを取り除きました、そして将来この変更は必須条件となりそうです。もしまだ(あろうことか)Win9x上で動かす場合、MAMEを起動させるためにunicows.dllライブラリが必要です。マイクロソフトからunicowsをダウンロードしてください。

3. MAMEの全てのコードが現在C++としてコンパイルされます、さらにC++言語を活用する幾つかの変更がありました。ほとんどの場合、ドライバーとアドレス空間への多少の素晴らしいアクセッサを除いて、ドライバの書き方について影響はありません。C++構文を利用する今後の改良は、内部の人だけで徐々に進行するでしょう。私たちは今の所この仕事をする外部の申し出に興味を持っていません。

4. 現在、主なソースパッケージの一部として MAME SDL OSD を出荷します。Windows版のSDLビルドは現在、新しいリリースのための確認シーケンスの一部として定期的にビルドされます。長年にわたるSDLポートの作業について R.Belmont氏、couriersud氏、OlivierGalibert氏に感謝します。』との事。

Link 【MAME】【whatsnew_0137.txt】