Archive for the ‘Develop’ category

Xcode 4.3 で openMSX をコンパイル

2月 27th, 2012

 openMSXのSVNが更新される度にダウンロードしてコンパイルしていたんですが、Xcode を4.2(?)にアップデートした頃から何故かコンパイルに失敗するようになってしまいました。
出てきたエラーを見ると、

No working C++ compiler was found.
Please install a C++ compiler, such as GCC's g++.
If you have a C++ compiler installed and openMSX did not detect it, please set the environment variable CXX to the name of your C++ compiler.
After you have corrected the situation, rerun "configure".

 どうやらC++コンパイラーへのリンクがおかしくなっているようです。
しかしまあ、しばらくしたら修正されるだろうと思っていたんですが openMSX 0.8.2 がリリースされても修正はされず、そのまま放置状態。何だかなぁ… Macでソースからコンパイルしている人は誰も居ないのか? 仕方無いので何とか自分で修正してみました。

/build/platform-darwin.mk を開く

38行目 の SDK_PATH を編集
SDK_PATH:=/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/MacOSX.platform/Developer/SDKs/MacOSX10.6.sdk

50行目 の CXX パスを編集
CXX:=llvm-g++-4.2

 Xcode 4.3 からXcode.appのパッケージ内にDeveloperフォルダを置く様な仕様になったので、SDKとコンパイラのパスを変更してみました。

書き換えたら platform-darwin.mk を保存して ./configure を実行

build/main.mk:383: Unsupported compiler: llvm-g++-4.2, please update Makefile

「build/main.mk:383: サポートされていないコンパイラ: llvm-g++-4.2」と出ますが、一応これでコンパイルできるようになります。

uCON64 をコンパイル

2月 8th, 2012

 メガドライブ用の .smd 形式ファイルを .bin 形式に変換しようと思ったんですが、どのツールも古くて最近のIntel Macでは使えないものばかり… 古いPower Macを使えばいいんですけど、できれば最新のMacで変換したい。 で、いろいろ検索してみたところuCON64というツールのソースを発見! 試しにコンパイルしてみたら、何とかx86_64バイナリでコンパイルできました。これで正常にコンバートできるのかは分かりませんが、一応 .bin 形式に変換したゲームはちゃんと動作しました。
 GUIなしのコマンドラインツールですけど、今のところ Intel Macで使えるツールはこれだけですかね。

Link 【uCON64 – The backup tool and wonderful emulator’s Swiss Army knife program】

MednafenのSNESが50フレームしか出てない

10月 18th, 2011


 
 この前の投稿でMednafenのSNESエミュレータが重くて使い物にならないと書きましたが、フレーム数を表示してみると50フレームしか出ていませんでした。設定がPALモードになっているのか?よく分かりませんが configにそれらしい設定が見当たらないんですよね、サウンドも少しバリバリするのが気になります。

 ランチャーの方はToolbar付きの環境設定ウインドウが完成。設定を変更するアクションはまだ未完成。